●お知らせ 夏休み期間中は 記事の更新ペースを不定期とさせていただきます

世界のボルボ アメリカ大陸編前編

あと数ヶ月で今年のボルボの目玉、NewS60が日本へ上陸するわけですが、世界ではどうなのだろう、どの程度デリバリーされているのだろうかと気になりますよね。

日本は冷遇されているのではないだろうか。どうしてS60をこんなに待たないといけないの。。。などという疑念さえも生まれてしまいます。

疑念といえば、XC40にディーゼルが設定されないのは何故?とか、XC40 T5 TwinEngineっていつ導入されるの?など、気になり出したらとまりません!そこで、世界各地のボルボWEBを訪ね、現在のラインナップを調べてみることにしました。

あの国より良い!あの国より冷遇!などを楽しみながら、日本導入を待とうではありませんか!

スポンサーリンク

アメリカ大陸編

ところで、ボルボは世界でどの程度の国に販売されているか、ご存知ですか?

なんと93カ国!これほどの国々に対して、細かいデリバリーに応えているのです。自動車会社というのは、実に大変なのですね。こうなると、現地法人の重要性がわかります。

なので、93カ国調べるのはチョットやめて、エリア毎にしたいと思います。その方がエリアの特徴も掴みやすいよね!

第一回目はアメリカ大陸です。

アメリカ大陸といえば、S60はアメリカで生産されていますので、優先的にデリバリーできるはず。あの大きな大陸、輸送手段は船?キャリーカーじゃないよね?

調査内容

ボルボロゴ
各国で調整の多いボルボ

今回は世界を相手に調査るのです(大げさ)。ですので、日本のボルボユーザーの気になる以下の情報を調べることにしました。

XC40にディーゼルは搭載されているのか?

日本には輸入されない、XC40のディーゼルエンジン搭載モデル。トルクフルなディーゼルエンジンとSUVの組み合わせは最高だと思いますが、PM対策などが大変。ボルボ自慢のクリーンディーゼルが搭載されているD3、D4モデルがあるかどうか、調査します。

XC40のTwinEngineは設定されているのか?

こちらも楽しみにしている人が多いのではないでしょうか。XC40のTwinEngine(プラグインハイブリッド)の有無を確認。3気筒エンジン+電動モーターという最新モデル。世界に先駆けてディーゼルモデルの無い日本へ設定してほしいところですが。。。

V60のT4モデルは設定されているのか?

安めのV60の期待の星、V60T4。フルモデルチェンジ前には設定されていたのに、現行モデルにはありません。世界を見渡せば、日本に入る可能性もわかるかもしれない?

S60がフルモデルチェンジされているのか?

まあ、じっと待っていればいいのですけどね。アメリカ産のS60がアメリカ大陸で販売されていれば、中国産のPolestar2が日本に入る可能性も高いじゃないですか!?はたまた、日本へ未導入の仲間を探す旅時なのか!?

 

とまあ4項目ほどの情報を集めようと思います。

集め方は簡単、ボルボの公式ホームページより「Change Location」を選び、言語を変更します。その後「Car Configure」という車のカスタムを楽しむ項目を探すか、カタログをダウンロードします。言語によってはどちらも選べない場合もあり、その時は調査非対称といたします。

それでは、アメリカ大陸横断ボルボ調査!始めまーす!

カナダ

XC40 DxXC40 TWV60 T4NewS60
カナダなしなしなし

2017年の国民一人当たりのGDPが45,032ドルのカナダは、人口が3,657万人と、日本の国民一人当たりのGDP38,428ドルより多いですが人口は4分の1。フランス人による発見、植民地からの独立と紆余曲折あり、英語とフランス語が公用語として定められています。両方話せる人も多いとか。

そんなカナダは、XC40のクリーンエネルギー車はありません。V60にはMomentumにもT6 AWDが設定されるなど、ここだけに着目すれば走り屋万歳のカナダ。一般道で時速80km/h、高速道路で120km/hの制限時速が設けられているところを見ると、ある程度のスピードを出す必要があるのかもしれませんね。

そしてさすが、S60は新モデルへ切り替わっております。カナダは走り屋さんにはチョットいい国かもしれませんね。

アメリカ

XC40 DxXC40 TWV60 T4NewS60
アメリカなしなしなし

なんとなく思った通り、アメリカ合衆国は日本+NewS60というラインナップ。ディーゼルもなければTwinEngineもない、V60にT4もない。

という事は、日本のボルボはアメリカのボルボの後追いなのでしょうかね。ビジネスモデルの参考にしている可能性がありそう。というか単純にディーゼルは走れない環境になってきているのかもしれませんね。

流石にS60は現地生産だけあってしっかりとラインナップ。そして悲しきかなV40はラインナップから外れています。日本もS60導入と同時にV40無くなるのかな。。。

アルゼンチン

XC40 DxXC40 TWV60 T4NewS60
アルゼンチン車種なし未導入

2017年の国民一人当たりのGDPが14,401ドルのアルゼンチン。日本に比べると半分以下ですので、ボルボは高級車と言えるでしょう。

国家レベルでの債務不履行を7度実施しているアルゼンチン。国の貨幣の信用が無い中、XC40のTwinEngineが設定されているのが驚きです。

ところで、アルゼンチンでは年間どれくらい車が売れるのでしょうか?人口は日本の3分の1程度ですが、なにせGDPが低い。答えは、2018年データでは33万台でした。日本では500万台が年間に販売されているので、ボルボ以前にクルマが高嶺の花なんですね。

チリ

XC40 DxXC40 TWV60 T4NewS60
チリなし車種なし

最近はワインで有名な南米チリ。人口は2017年で1805万人と、日本の10分の1という少なさ。国民一人当たりのGDPは15,346ドル。アルゼンチンと同じくらいですね。

チリはスペインによる植民地化から独立した国の1つで、植民地化の際も大きく抵抗していました。その名残なのか、ラテンアメリカでは経済や生活が最も安定している国となっています。コノスルという高コスパのワインもチリ産ですね。

そんなチリにはXC40のディーゼル、新型S60は導入されていますが、V60はありません。セダンが好きなのか、S60 CrossCountryというモデルが設定されています。セダンのSUVモデルかあ。不思議だな〜

グアテマラ

XC40 DxXC40 TWV60 T4NewS60
グアテマラ車種なし車種なし

グアテマラ?どこそこ?と聞こえてきそうな国の名前です。何で有名な国かといえば、マヤ文明なんですね。

スペインの侵略、メキシコの併合、そして独立と多くの災いを経験したグアテマラの国民一人当たりのGDPは、2017年は4470ドル。日本の9分の1ですから、ボルボは高級どころか家みたいなものです。こうなると裕福な人しか買えない事になりますが、ラインナップとしてはXC40にはディーゼルもTwinEngineもあったりします。

SUVの3兄弟は設定されていますが、他はS90とV40しかないグアテマラ。荒れた土地か高級市街地かの2択しかないのでしょうか。

プエルトリコ

XC40 DxXC40 TWV60 T4NewS60
プエルトリコ

プエルトリコは国ではなく、アメリカ合衆国の自治領です。カリブ海に浮かぶ小さな島ですが、リゾート化されており国民一人当たりのGDPも30,833ドル(2016年)と中々高い。

そして実は、アメリカ大陸で唯一、今回の調査で全てに○がついた地域でもあります。人口340万人のこの国は、実はボルボ天国なのでは!?

と思いきや、2017年に破産した模様。今後はアメリカの一部になるのかもしれません。それにしても羨ましいラインナップです。

後半に続きます!

出典:Volvo car japan

ということで、記事は少ないのですが調べるのが大変で。。。。!

各国の概要を調査しなければスラスラ書けるんですけどね!それでは意味が無いような気がして、方々調べながらになってしまいます。すいません!

アメリカ大陸には有名な国も多く、せっかくですから調べ上げてお伝えしたいと思うわけです。後半をお楽しみにお待ちください。

 

ところで、やっぱりXC100は出るのかもしれません。なにせ、各国SUVはしっかりラインナップされていますからね。V60はラインナップから外れている国もあります。それに比べれば一応全ボディが手に入る日本は、まだいい方なのかもしれませんね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG