V60 / V60CrossCountryが2020年モデルに!V90 D4に特別仕様車設定!

週間ボルボニュース XC40日本カーオブザイヤー受賞!

先週あったボルボに関するニュースをピックアップしてお届けするこのコーナー。

今回はこれ1つしかないでしょ!

★祝!XC40 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞★

わ〜〜〜ぱちぱちぱち!

。。。V60は??

スポンサーリンク

輸入車初!2年連続ボルボがカー・オブ・ザ・イヤー受賞

それにしても、まさかのボルボ2年連続受賞。正直びっくりです。

なにせ前年にXC60が受賞していますから。しかもどちらも納車までに半年待つのですよ?供給が追いつかない状態って、利用者には不便しかないのですけどね!

それでもカー・オブ・ザ・イヤーは取れてしまった。バックオーダーが増えること間違いありません(笑)

さてさて、歴代カー・オブ・ザ・イヤーで、2年連続受賞のメーカーって他にどこがあるのかな?

日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車

受賞年メーカー車種
2018-2019ボルボXC40
2017-2018ボルボXC60
2016-2017スバルインプレッサスポーツ
2015-2014マツダロードスター
2014-2015マツダデミオ
2013-2014フォルクスワーゲンゴルフ
2012-2013マツダCX-5
2011-2012日産リーフ
2010-2011ホンダCR-Z
2009-2010トヨタプリウス
2008-2009トヨタiQ
2007-2008ホンダフィット
2006-2007レクサスLS460
2005-2006マツダロードスター
2004-2005ホンダレジェンド
2003-2004スバルレガシィ
2002-2003ホンダアコード
2001-2002ホンダフィット
2000-2001ホンダシビック
1999-2000トヨタヴィッツ3兄弟
1998-1999トヨタアルテッツァ
1997-1998トヨタプリウス
1996-1997三菱ギャラン/レグナム
1995-1996ホンダシビック
1994-1995三菱FTO
1993-1994ホンダアコード
1992-1993日産マーチ
1991-1992ホンダシビック
1990-1991三菱ディアマンテ
1989-1990トヨタセルシオ
1988-1999日産シルビア
1987-1988三菱ギャラン
1986-1987日産パルサー
1985-1986ホンダアコード/ビガー
1984-1985トヨタMR2
1983-1984ホンダシビック
1982-1983マツダカペラ
1981-1982トヨタソアラ
1981-1982マツダファミリア

ん!トヨタ、ホンダ、マツダが国産車で連続受賞している他は、どうやら無いようですね!

。。。しかし、以前は輸入車については「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」と別枠だったのですよね。

ですので、もう一度調べてみました。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞車

受賞年メーカー車種
2016-2017AudiA4シリーズ
2015-2016BMW2シリーズ
2014-2015メルセデスベンツCクラスセダン
2013-2014(VW)(ゴルフ)
2012-2013BMW3シリーズ
2011-2012メルセデスベンツCクラスセダン
2010-2011フォルクスワーゲンポロ
2009-2010フォルクスワーゲンゴルフ
2008-2009シトロエンC5
2007-2008メルセデスベンツCクラスセダン
2006-2007シトロエンC6
2005-2006BMW3シリーズ
2004-2005フォルクスワーゲンゴルフ
2003-2004ジャガーXJ
2002-2003BMW7シリーズ
2001-2002アルファロメオ147
2000-2001メルセデスベンツCクラス
1999-2000ローバーローバー 75
1998-1999メルセデスベンツAクラス
1997-1998ルノーメガーヌ
1996-1997メルセデスベンツSLK
1995-1996ローバーMGF
1994-1995メルセデスベンツC200

フォルクスワーゲンが一度、2年連続受賞していますね(^^)

日本カーオブザイヤーに輸入車が初めて選ばれたのも、フォルクスワーゲンです。その後もインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは受賞があるので、輸入車が日本カーオブザイヤーに選ばれなかった場合に、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーが選ばれるようです。

つまり、別枠が用意されているにも関わらず、日本カー・オブ・ザ・イヤーを2年連続でとってしまったボルボは、やっぱりすごいなって事になりますね!

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2002年からは輸入車も含めて選考しています。同じ土俵に乗って勝負しているわけで、ここに来てボルボの実力がしっかりと示されたことがわかります。

RJCカー・オブ・ザ・イヤーは?

不可解な事ですが、カー・オブ・ザ・イヤーは日本には2つ存在します。

今回2年連続受賞したのは、「COTY」と呼ばれる元祖のほう。一方、「RJC」と呼ばれるものがあり、COTYの審査に不満を持つ人によって開催されています。

そして、RJCカー・オブ・ザ・イヤーは、国産車と輸入車は完全に分けています。どちらの評価が正しいのか、判断は各々が決めれば良いと思いますが、国産車を抑えて日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝くことのできるCOTY側の判断は正しいと感じます。

接待によって決まる、なんて批判もありますが。。。それはCOTYもRJCも同じ気がしますが。。。

で、RJCカーオブザイヤーです。輸入車の評価は、実はRJCの方が早くからはじめているみたいですね。

受賞年メーカー車種
2019BMWX2
2018ボルボV90
2017ボルボXC90
2016BMWMINI クラブマン
2015メルセデスベンツCクラス
2014ボルボV40
2013BMW

フォルクスワーゲン

3シリーズ

up!

2012ボルボS60/V60
2011フォルクスワーゲンポロ
2010アウディQ5
2009アウディA4
2008プジョー207
2007メルセデスベンツE320 CDI
2006シトロエンC4
2005アウディA6
2004アウディA3
2003シトロエンC3
2002アウディA4
2001フォルクスワーゲンゴルフ
2000プジョー206
1999BMW3シリーズ
1998フォルクスワーゲンパサート
1997フォルクスワーゲンポロ
1996メルセデスベンツEクラス
1995オペルオメガ
1994サーブ900
1993ボルボ850
1992BMW3シリーズ

おお、RJCはボルボが多い(笑)

なんとなくですが、万人受けのCOTYと、質実剛健のRJCという気がします。

V60はくるか?

photo : about-VOLVO

答え:来ません(笑)

V60もしっかりノミネートこそされましたが、残念ですが予選落ち。まあ、フォルクスワーゲンなんてポロ/パサートTDI/ティグアンTDI/トゥーランTDIって4つもノミネートしていて、10ベストに残ったのはポロだけですからね。

てかTDIって。。。フォルクスワーゲンはほんと、ディーゼル不正のことを微塵にも感じていないのかな。普通エントリーしないでしょ。。。不正が取り除かれて良いクルマになったのなら、こういうところにエントリーせずに、じっとお客様を待つようにしないと。

なーんて、個人的には思ってしまいますね。マナーというか心意気てきなものですがね!

V60に足りないものは?

V60の話に戻せば、私はV60がすきですが、価格設定が前のモデルを引き継いでいないのがどうかなって思います。

はやくT4出して欲しい。あとD4も出すべき。

来年はたぶん、ボルボはV60 TwinEngineでエントリーするのかもしれません。でも、クルマの魅力って、性能だけでなくて価格なんかも含まれるって思うのですよね。

その辺、最近のボルボは無視しちゃってますからね〜〜

まとめ

とにかく、COTY受賞はおめでたいですね。

しかし、日本カー・オブ・ザ・イヤーを取ったことによって、XC40はディーゼル搭載は無くなったって考える人も多いです。ディーゼル積まなくったって売れちゃうんだもん。

あまり浮かれないで、消費者のほうをしっかり向いた方がいいよ、VCJさん。って一言だけ付け加えておきます。

お読みいただき、ありがとうございました!

about-VOLVOのオススメ

https://about-volvo.11-life.com/xc40-all-imfomation/

https://about-volvo.11-life.com/testdrive-v60/

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG