週間ボルボニュース 自動運転?いやいやPolestarでしょ!

ボルボCIマーク ニュース

1週間のボルボにまつわる出来事をお送りするこのコーナー。

先週のボルボは、やはりオートモビリティLAでの自動運転に伴う技術発表でしょう。

2日目からはV60CrossCountryとS60が展示されたようですが、本命はルミナー社との共同開発によるパルスレーザー信号をつかった車両認識技術です。

スポンサーリンク

車両認識用技術「LiDAR」とはなにか?

360cのコンセプト画像

出典:VOLVO Global Media Newsroom https://www.media.volvocars.com/global/en-gb

とはいいつつ、今までもいろいろな自動車認知技術が開発されました。最近ではカメラを使用した画像解析技術による車両認知でした。

しかしここに来て、パルスレーザー信号だといいます。これはいったいどういう技術なのでしょう?

パルスレーザー信号を用いる「LiDAR」技術は、電波を用いたセンシング技術に似ているが、使用するのは電波でなく「光」です。レーザーを発射して戻ってくる速度を計測して、その物体の距離までを図ることができます。

では、なぜ光すなわちレーザーなのでしょう。

簡単いうと(というか、難しくて解説するほど理解できないのですが、)レーダーよりも多くの物質を、より細かく計測できるという利点があるからです。

パルスレーザーを用いた計測は、いままで気象の分野で研究されてきました。パルスレーザーを用いると、煙、雲、大気の物質までも計測できるからです。

これを自動運転に役立てます。パルスレーザー信号を使うことで、人の姿勢までもを計測できるとボルボは言います。

ルミナー社との共同開発による自動車認識技術は、約250mまでの範囲にある人などを認識できるようになるそうです。また一歩、ボルボは自動運転、安全運転への切符を手に入れたわけですね。

S60 の最新情報

出典:Volvo Cars US
https://www.volvocars.com/us/

技術発表は素晴らしいものですが、やはり車両がないのはまずいかなと思ったのか、2日目はV60 CrossCountry と S60 が展示されました。

どちらも一応、日本では未発表のクルマですので日本人としては気になりますよね。

しかしとくに目新しいわけではありませんので、どこの自動車メディアも数行書いて終わりですね(笑)

しかしそれではつまらないので、VOLVO USサイトに載っていたボルボV60 最新情報を紹介します。

まあ、最新かどうかはわからないのですが。。。このブログでは最新ですよ!

その情報とは、S60 Polestar の断片的装備内容です!

ブレーキはブレンボ製

出典:Volvo Cars US
https://www.volvocars.com/us/

The S60 T8 Polestar Engineered is fitted with brakes that were developed in collaboration with renowned specialists Brembo. Six-piston calipers and ventilated 14.6-inch brake discs on the front wheels offer impressive braking power.

出典:Volvo Car US https://www.volvocars.com/us/cars/new-models/s60/trims/polestar

S60 T8 Polestarは、ブレンボ製ブレーキを装備するようです。日本仕様が発表されたわけでなく、導入予定が発表されてもいませんが、S60には確かにPoleStarエディションがある、ということが断言できます。

スポーツカーといえばブレンボブレーキというのは、今も昔もかわらないか?黄色のブレーキがかっこいいですね!

ショックアブソーバーはÖhlins製

出典:Volvo Cars US
https://www.volvocars.com/us/

The suspension developed by Polestar for the S60 T8 Polestar Engineered features shock absorbers created by Swedish suspension experts Öhlins, using Dual Flow Valve technology. This innovation – unique to Öhlins – means that the car responds quicker to any road-surface imperfections.

出典:Volvo Car US https://www.volvocars.com/us/cars/new-models/s60/trims/polestar

S60 T8 PoleStarの為に設計されたサスペンションは、スウェーデンのサスペンションメーカーÖhlinsにより作成されたショックアブソーバーを装着しています。

読み方は「オーリンズ」。こちらも黄色のショックアブソーバーは美しいです。競技用に開発されたオーリンズのサスペンション搭載車が優勝したことで、一気に知名度アップ。

高性能サスペンションでは知名度が高く、市販車に装着されるのなら一度乗ってみたいものですね!

総合出力は415hp

出典:Volvo Cars US
https://www.volvocars.com/us/

The plug-in hybrid powertrain of the S60 T8 Polestar Engineered combines a supercharged and turbocharged gas engine with an electric motor, for a combined 415-hp and instant acceleration. All-wheel drive provides more control and agility.

出典:Volvo Car US https://www.volvocars.com/us/cars/new-models/s60/trims/polestar

S60 T8 Polestarの開発した パワートレーンは、ターボチャージャー付きガソリンエンジンと電動モーターで、415hpの出力を全輪駆動で発揮します。

通常のT8モデルに対してファインチューンであることがわかりますが、それにしても400hpは印象強い。

まとめ

ということで、安全運転技術とレーシング技術の両方を攻めるボルボ、ということがわかった1週間でした。S60については引き続き情報を仕入れていきたいと思います。

それにしても、小規模メーカーと言われながら独自の技術開発で先を行くボルボ。

こういう気質は、日本のものと思っていましたが、調べれば調べるほどにボルボの強さがわかります。

日本撤退していった自動車メーカーになかったもの、オンリーワンを持つメーカーは強いですね!

それではまた来週!

about-VOLVOのオススメ

ボルボ 新型S60をシミュレーションで組み立てて遊ぶ
ボルボ新型S60の見積もりシミュレータを、ボルボUKで遊んでみました。色々な角度に変えられるし、色も変更できるし、装備も変更できます。面白いのでいちど遊んでみるといいですよ。
【試乗記】ボルボ V60 優先したのは走りかデザインか
ボルボ新型V60 T5 Inscriptionの試乗記です。スタイルと走りを、高次元で両立してしまったボルボV60。嫌だなって思うところ、本当にみつかりません。