週間ボルボニュース XC40Momentumと最高の乗り心地モデルはどれだ?(2018年11月11日版)

3誌のXC40 Momentumの試乗ハイライトと

結局どのモデルがいちばん乗り心地がいいか、を考察しています。

先週はボルボカーズジャパンプレスニュース、VOLVO GLOBAL PRESS RELEASE では気になる記事は出ませんでした。

販売数が何%増えたとか、そんなことは個人にはあまり気になりません、よね?

そこでWEBで検索していると、先週はXC40 Momentumのサムネイルを見かけるようになりましたね。

同じタイミングということで、若干何かの思惑を感じずにはいられませんが。。。

今回は各メディアへのリンクをつけつつ、批評をしています。

スポンサーリンク

Clicccar.com 現在最も人気のボルボSUVの実力は?

出典:Clicccar.com

Clicker.comは、三栄書房の展開する自動車WEBメディア。

技術資料満載の「Motor Fun」を発行している雑誌社でもあります。

今回はT5-R-Designのほか、T4 AWD Momentumに試乗しています。たくさんの写真が用意されていて、購入候補に上がっている人は見ておくといいでしょう。

しかし、ドライビングフィールの評価についてはイマイチ、参考にならないかもしれません。

気になる文言がありましたのでピックアップ。

過給が始まるまでの間は低速域では少し線の細さを抱かせるものの、1400-4000rpmという常用域で最大トルクを発揮するだけあって、過給が始まってしまえば、周囲を十分にリードできる速さを堪能できます。

出典:clicccar.com

Drive-Eは過給を感じさせないフィーリングが魅力で、それはV40のT3でも同じ。過給しているというよりかは、排気量の大きな自然吸気エンジンのようなフィーリングを示すはずです。

しかも、1,400rpmというのはふわっとアクセルに足を乗せただけで到達する回転数。T5からT4に出力が落ちたからといって、エンジンフィーリングが変わるとは思えません。

次に出てくるCarWatchの評価にありますが、T4用エンジンは1,500rpmあたりのトルク特性が、T5エンジンよりも強くでるとなっています。

ただしく評価しているのかな、という気がしてしまいます。

CarWatch 「T4 AWD Momentum」は個人的にベストグレード

出典:CarWatch

インプレス社の展開する自動車WEBメディアがCarWatch。

試乗時の印象が細かく書かれていてわかりやすい。情報に裏打ちされた性能評価が好ましく、わかりやすいのが特徴です。

ですが自動車が好きな人向けかなという気がします。細かいドライブフィールに触れており、自動車専門誌の記事はこれだ!と言わんばかりです。

ちなみに、XC40 T5 R-Design 1st Edition が軽快感を出しすぎていて不満があったとして、カタログモデルのXC40 T5 R-Designを評価するいっぽう、それは走行距離による慣らし運転前後の印象の違いと言い切る、おちゃめな側面もあります。

じゃあ結局どっちがいいんだと(笑)

さて、そんななか積極的にMomentumを選ぼうとする人に有益な情報がありました。それがこれ。

乗り味はどうか?

滑らかさを併せ持つとしたT5 R-Designだが、T4 Momentumはさらにその上をいくおおらかさがある(試乗した両車のタイヤサイズはともに235/50 R19で、タイヤ銘柄も同じ)。

体感値として大きな違いを生み出しているのは、T4 Momentumのシート地が「テキスタイル・コンビネーション」と呼ばれるファブリック地となっていることだ。

出典:CarWatch

私も好んで乗っているMomentum用のT-TEC/テキスタイルコンビネーションシートについて、高い評価を与えています。

具体的には紙面に譲りますが、皮とは違う素材感で快適性が保たれているとのこと。気温による表面のハリの変化が最も少ないと評価していました。

Response ロングドライブを試したくなるSUV

出典:Response.jp

株式会社イードの展開する自動車メディア。

私もツイッターでフォローしていて、いろいろな記事を見て参考にしています。

記事はとても優等生で、引っかかるところは何もなく、おかげで印象も薄い感覚になっています。良い記事なだけあってちょっともったいない。

そんなResponseの今回のXC40の評価軸は、ドライブフィールでなく乗った時の快適性。2台のXC40 T4 AWDを試乗していますが、InscriptionとMomentumを同時に評価。

この2台の乗り心地は変わらない、という印象を述べています。

一方、路面の細かい不整を油圧感たっぷりのショックアブゾーバーやラバーでなめすように吸収する精緻なフィールという点では、以前にテストドライブした20インチホイール装着の「T5 R-DESIGN ファーストエディション」に劣る。

出典:Response.jp

ということで、Response誌はT5 R-Designに乗り心地の軍配があがるとしています。

これは私も気になっているのですが、ボルボの自動車は、タイヤサイズが大きいほど乗り心地が良くなる傾向にあると思われます。

CarWatch誌がT4 Momentumに軍配を挙げる一方、Response誌はT5 R-Designのほうが乗り心地がよいとしています。。これはいったい、どちらが上なのか?

MomentumとInscriptionの乗り心地の差

ここからは私の主観になりますが、突き上げ感があったとしても、それを柔らかく丸めて、さらに細かい揺れを吸収するセッティングが好みであれば、ボルボでは大きなホイールサイズが良いのでしょう。

一方、突き上げ感はソフトに吸収しつつ、多少の細かいザラザラ感には目をつむる(ここに価格差があると思われます)なら、ホイールサイズの小さいモデルで充分でしょう。

これを象徴するのは、ボルボの全ラインナップ。MomentumよりもInscriptionがホイールサイズが大きいことが多いですね。

バネ下の重さを軽減して乗り心地を良い(と感じる人向け)方向にしているのだと思います。

よくよく見ると、CarWatch誌は乗り心地の差は、シートの差だとしています。

そしてResponse誌は、T4よりT5が良いとしています。

T5ではMomentumは選べませんし、XC40 T5 R-Design + T-TEC/テキスタイルコンビネーションというモデルはありえません。

残念ながら乗り心地最高のモデルに出会うことはできないようです。

 

しかし、あえて乗り心地の良いモデルを選ぶのであれば。

タイヤサイズの大きく硬めのサスペンションで設定されている T5 R-Designという選択になるのでしょう。

サスペンションにお金をかけている分、InscriptionよりR-Designに、乗り心地の軍配があがるようです。

しっかり試乗して確認してみたいですね(^ ^)

まとめ

さて、この時期にきて、T4 Momentumの試乗記が3つ出ました。

とうとう納車が落ち着いてきたのでしょうか。

ツイッターを見ていると、結局納車は2019年にずれ込んでしまうと、ディーラーより連絡があったケースもあるようです。

しかし、XC40は人気があるから、他のメーカーのSUVにしよう、なんて思う人も増えているのかもしれません。そこを加味して、あたらしいメディア露出をしたのかもしれませんね。

ボルボには一応、ブリッジスマボというカーリースプログラムがあります。それを使って欲しいのでしょう。

ということは、そろそろ売り手市場から買い手市場に変わりつつあるかも?

そのあたり、うまく攻めてお得にXC40を手に入れましょう〜

about-VOLVOのおすすめ

https://about-volvo.11-life.com/spec-xc40-webcatalog/

https://about-volvo.11-life.com/performance-norigokochi/

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG