3月21日〜23日にかけて、サイトリニューアル中です。表示が崩れる場合がございます。ご迷惑おかけし申し訳ございません。

V40 D4 新車登録3年目の本気レビュー

  • 2019年3月6日
  • 2019年3月21日
  • 特集
  • 80view
  • 7件
3年目を迎えたボルボV40 D4の良いところと悪いところを伝えます!

クルマのブログを書いていて、一番楽しいのはやはり、自分のクルマの事を書く時です。

しかし、思いつくことは全て書いたつもりなので、ドライブや比較でしか登場させられずに悲しい思いをしていたりします。

そこで、興味がある方もいると思いますのでこんな企画をやってみます。

ボルボV40 D4 登録3年目レビュー♪

試乗車や新車ではわからない、2年半乗ったボルボV40を出来るだけ細かくお伝えしますよ。気になるあそこはどうなったか?あなたの気になるポイントはあるでしょうか?

もし質問があれば、この記事の下にあるコメント蘭へどうぞ。お答えいたします。

スポンサーリンク

3年目のボルボV40 ビビリ音 きしみ音

私のV40は運転席側Aピラー付け根あたりから、きしみ音がする時があります。

手で押さえると止むことから、プラスチックパーツが車内の温度によって歪んで音を出すいると予想しています。

あとで修理代を払うのは嫌なので、初年度からこの件についてはディーラーへ伝えています。

さて、このきしみ音ですが、残念ながら止みません。出現頻度は「時々」。ずっとなるわけではなく、それが逆に厄介。ディーラーがわからないって言うんだもの。

昔スバルレガシィでも同じ事があったけど、代車を貸してくれてしばらく調査してくれた。その辺スバルはいいディーラーでした。最近ちょっとリコール多めなのが心配ですが。

ボルボディーラーも真面目に、きしみ音について対応してほしいなって思いますね。

3年目のボルボV40 ロードノイズ

新車の時に明らかにうるさかったロードノイズは、静かになりつつあります。慣れかも?

D4はディーゼルエンジンですが、エンジン音よりロードノイズのほうが大きいのです。その音もだいぶ落ち着きました。今は正直気になりません。

ロードノイズはしっかり路面を掴んでくれている証拠、と割り切って考えています。

そう言えば前に、徳大寺アリツネ先生がYouTubeで、高速道路を楽しむクルマだっていってました。ロードノイズも愛しちゃいましょう。

でも、次はタイヤを音の静かなのに変えようかな。コンフォートカーだよって言うにはそれくらいは必要そうです。今はスポーティーショートワゴンV40D4として、とても満足していますよ。

3年目のボルボV40 エンジン音

高速域では気にならないと言われたディーゼルエンジンですが、時速15km/h付近では分厚く低いこもり音が発生していました。

これも慣れなのか。。。今は全くこもり音を感じません。

音もまったく大きくないし、明らかに新車の時より静か。

おかげでスピードアップして行く時の乾いたエンジン音が気持ちいい(^ ^)

ゆっくり走っても中々良い音がします。気持ちのいいエンジン音ってどれ?と言えば、これです!

うーん、私の技術だとこの程度の動画しかとれません。ほんとうに気持ちのいい加速音なんですよ?

3年目のボルボV40 燃費

エンジンのバリが取れたのか、燃費は上昇傾向です。

JC08モードで20km/Lをマークするディーゼルですが、1年目は街中で15km/h程でした。

ところが3年目に突入して、市街地走行で16km/hをマーク。高速道路に行かずしてこの燃費は素晴らしい。

400Nmの大トルクエンジンが、ですからね。これに叶うのは将来でるマイルドハイブリッドくらいじゃないですかね。

ところで、V40のD4はディーラーでストックしているらしいですよ。けど輸入はされないとセールスさんが言ってましたから、早めに商談まとめちゃいましょうね。

もう少し燃費が欲しい欲張りさんには、V40クロスカントリーをお勧めします。はっきり言ってオシャレです。

3年目のボルボV40 かっくんブレーキ

ディーゼルエンジンを搭載しているV40の悩み、それはアイドリングストップが必ずかかる事。

正しく言えば、アイドリングストップを解除するモードに変えられないという事。ガソリン車はオーケーなのですが、ディーゼルはアイドリングストップしないといけないんです。

で、そのタイミングが悪い。時速0km手前でエンジンが止まるから、トルクが抜けてブレーキが優って、急にブレーキが強くかかる。

これは正直いうと、慣れました。

エンジンが止まる瞬間を体が覚えた事で、ブレーキを踏む力をスッと抜く事が出来るようになったんです。

フワッとブレーキで乗る人みんな心地いい(^ ^)

ちなみに、最新のV60も試乗した時にアイドリングストップしましたが、V40D4ほどシビアでは無く、停止してからエンジンが止まりましたのでご心配なく。

3年目のボルボV40 オーディオ

相変わらず使わなくなったiPhoneを接続しっ放しにしてエンジョイオーディオしています。

今回のオーディオの場合、気になるのはiPhoneがしっかり動作するかどうか、の方じゃないですかね。iPhoneはUSBポートにライトニングケーブル経由で接続しっぱなし。車に乗るのは週に2日程度。

クルマのエンジンを切ると、iPhoneは再生を中止します。で、電源が切れるかと言えば、きれません。

そのまま5日間車に乗らない事も多いのですが、次に乗った時にiPhoneの電池が切れている、なんて事はありません!

バッテリーには辛い冬場を2回越えましたが、特に問題なくボルボ用オーディオソースとして稼働中。お古のiPhone偉いです。プレイリストも使えるしね!

iPodだと、どうなんだろう?電池が少ないかもしれませんね。

3年目のボルボV40 サスペンション

正直、これが一番良い印象になったかな。。身体が覚えたっていうのもあると思いますが、並居るXC勢に負けず劣らず、腰があるのに角が取れた、気持ちのいい足回りです。

コンフォート寄りのV60には負けますが、サンルーフ付きのXC40やXC60には負けていないと自負しています。

子供たちは、後席は少し狭いけど気持ちが良いので、乗るとすぐに眠くなると申しておりました(^ ^)

私のV40D4はMomentumですので、タイヤサイズが205幅。エンジンの重さも手伝って、アンダーステア気味です。

Inscriptionならもっと素直なコーナーリングもできるのかな。

どちらにせよ、ターボ付きの2リッターエンジンプラスFF駆動ですから、前輪の仕事はとても多い。

でも、うまくさばくなーって感心していますよ(^ ^)v

3年目のボルボV40 駐車場に真っ直ぐ止める

これが結構無理!慣れない!

どうしても少し斜めになります。リアに向かって上がっていくウインドウ下端だと、駐車スペースの何かと平行に合わせることができない。おかげでまっすぐ止められない。

バックモニターで調整しても、どうしても難しい。ここはスタイルを優先したV40の弱点だなって感じがしますね。

でも、かっこいいから許すけど。

3年目のボルボV40 洗車傷

ボルボV40で傷の入りやすい場所。それは、ここです!VOLVOマークの黒いところ!

VOLVOマークがあるので丁寧に洗いたいのですが、少しでも力を入れようものなら簡単に傷が入ります。

あと扉の黒いところも!リアに比べれば傷は入りにくいのですが、XC40とかで、ここに貼る透明なシールをアクセサリで見ました。

わかってるなら初めから処置しておけと(*´ω`*)高級車でしょ?

 

以上、概ね満足しているV40ですが、ツイッターのフォロワー様方がどんどんとV60やらXC40やらに乗り換えているのを見て、新しいボルボ、欲しいなあーって思っちゃいます(^ ^)

あなたのボルボはどうですか?

ぜひ教えて下さいね!

おまけ座談会

V40キー

マコ「という事で、ここから座談会に入るわけです。」

エイジ「そうですね。」

シンゴ「ん?どうかしたの?」

マコ「いいえ、かなりホクホク顔で好き勝手言ってるなあって。」

シンゴ「いやいや、そりゃ自分の車だもの、当然じゃない?」

マコ「いや、この記事をご覧いただいている方は、ボルボに懐疑的な方もいると思うんですよ。ワーゲンより悪いところないかなーって。」

シンゴ「ま、そうだよね。」

マコ「ですので、いいところばかりではなく、悪いところもしっかり話すことが、報道の役目と思うわけであります!」

エイジ「報道。。まあ広義には報道だけどね。。」

マコ「という事で、この座談会は私がボルボV40をしっかりと批判します。題して」

座談会特別企画 ブラックマコの大検証

マコ「どーん!」

エイジ「どーんって(笑)いや、ビビリ音とか洗車傷とか、結構しっかり伝えてますよ?」

マコ「足りないのです!2年使ったボルボがどうなのか、もっと気になるでしょう!?

シンゴ「わわ、わかったから。気持ちわかったから。じゃあサクッとやってみようか。。」

靴で擦った汚れがとれない

V40コックピット

マコ「フロントドア、リアドアもそうなんですが、内側を靴でぶつけると跡がつくんです。これが取れない。」

エイジ「がんばって落としましょうよ。」

マコ「いえ、言いたいのは落ちるかどうかではないのです。ぶつかるかどうか、です!思うに、ボルボV40って扉がフロント/リアそれぞれ、少しリア寄りについている気がするんです。だから足をぶつけちゃう。

エイジ「なるほど、それは感じます。V40は意外と扉が大きいから、そう感じるのかもしれません。」

シンゴ「足元のスペースは余裕なのにね。北欧人に合わせているのかな?」

マコ「我々日本人より足の長い北欧人なら、さらに窮屈に違いありません。」

シンゴ「パッケージの問題かなあ。これ以上フロントドアを前よりにすると、タイヤハウスとドアとのスペースが少なくなって、かっこ悪くなるし。」

エイジ「ボルボはSPAパッケージで、フロントタイヤを前寄りに移動することができました。スタイルと機能の両立は、いつも考えていたのでしょう。」

マコ「V60では窮屈な乗り降りをした覚えがありません。V40を選ぼうと言う人、気をつけてくださいね。」

エンジンチェックマーク

エンジンチェックマーク

マコ「さらに、ディーゼルエンジンだからこそのエラーが発生。1年半くらいの時ですね。ディーゼル特有のススが溜まる不具合が発生しました。」

シンゴ「エンジンチェックマークは早急にディーラーへ行かなくてはいけないサインだ。」

マコ「そうなんです。ですので用が済んだらすっ飛んでディーラーへ行きました。結果、ディーゼルエンジンが日本の気候に合わなくて、汚れが溜まると聞いたんです。」

エイジ「この症状は遭遇している人も多いようで、ディーラーでは点検時に清掃するらしいです。でも根本的に治せたわけではない、と言っていました。」

うーん、ボルボがディーゼルを輸入しなくなる事への、因縁のような気もするね。

マコ「でも、旅行中じゃなくてよかったですよ。用の後に時間があってよかったですよ。」

シンゴ「最寄りのボルボへって言っても、そんなに数はないからね(笑)」

リアシートへ一言

リアシート2

シンゴ「ダークマコさん、他には?」

マコ「ブラックマコです。」

シンゴ「あぁ、でもあまりブラックではなかったね(笑)それでも、これからボルボを選ぼうと言う人には悪くない情報だったね!ところで、私もブラックになってもいいかな?」

エイジ「普通に意見したいって言ってください(笑)」

シンゴ「ハハ(笑)私が言いたいのはリアシート。座り心地もホールド感もなかなかで、大きめのお子様にもおススメ。

エイジ「いいじゃないですか(笑)」

シンゴ「ダメなんだ。例えば、10歳〜12歳の子にとって、ぴったりだとするじゃない?」

マコ「良い事ですね。」

シンゴすぐに大きくなって、狭くなるんだよ!170cmのドライブポジションの人の後ろ、25cmの足のサイズでギリギリ!

マコ「えー。椅子の下に足、入りますよね。」

エイジ「それどころか、膝にも余裕あるでしょ(笑)」

シンゴ「そうなんだけど、やはりすぐに狭くなる、これは事実。もっと子供の小さい方ならいいんだろうけど、小学生高学年くらいだと急に大人サイズに変わるから、V40は考え所だね。」

エイジ「まぁ、贅沢な悩み、だとは思いますよ、それ(笑)」

まとめ

以上、3年目のボルボV40D4のレポートでした。

クルマは使えば使うほど馴染みますが、消耗も進みます。ボルボはしっかり整備して、長い時間所有することも考えられているクルマです。

おかげで、V40もV50も、インテリアに”飽きた”という印象は生まれませんでした。

そして、新品のような操作感は結構残っていて、いつまでも乗りやすいクルマだなと感じます。

全てのボルボが、あなたの良きパートナーになることを願っています!

2019年3月時点で手に入れることができるV40は「クラシック」と「タック」モデル。詳しくはこちらです!

関連記事

ボルボV40 Classic Edition / Tack Edition デビュー!お買い得モデルの2つの特別仕様車。追加装備を詳しく説明します。とうとう、ボルボV40にもCLASSIC / TACKが設定[…]