ボルボV40 クラシック発売で新型登場時期が予測できた!?

  • 2018年12月23日
  • 2018年12月22日
  • 特集
  • 104view
  • 0件

とうとう、ボルボV40にクラシックモデルが出ましたね。

クラシックが出ると、おおよそ半年後にワールドプレミアとして新型が発表、1年後くらいに日本導入というのが通説でした。

しかし今回気になるのは、「クラシックエディション」という、V40 T3 / V40 CrossCountry T5 の特別仕様として発売されたこと。

V40自体は2019年モデルに切り替わっており、通常は「Inscription」 などのモデル名が 「Classic」へ変更されるもの。

しかし今回は、Inscription をベースとした特別仕様として発売されました。

今回の「クラシックモデル」は本当に最終モデルなのか?V40は新型に切り替わるのか?

今までのモデルからV40のフルモデルチェンジ時期を予測してみましょう。

スポンサーリンク

XC60がクラシックに変わった時

ボルボXC60のカタログ画像
出典:Volvo cars japan https://www.volvocars.com/jp/

ボルボXC60は2017年10月に新型モデルへ切り替わりましたが、クラシックが発売されたのは2016年8月。

約14ヶ月の歳月を、CLASSIC と R-DESIGN で販売されていました。

XC60 MY2016XC60 MY2017
D4

D4 SE

D4 R-DESIGN

T5 AWD SE

T5 AWD R-DESIGN

T6 AWD R-DESIGN

D4 CLASSIC

T5 AWD CLASSIC

T6 AWD R-DESIGN

6つのグレードを3つに絞り、豪華装備モデルのSEを超える特別モデルとしてCLASSICを設定。これは今までのボルボのルールに則ったものです。

価格はT5モデルで30万円増。このあたりは、V40 ClassicEdition の増加分と変わりないようです。

CLASSIC の発売開始から7ヶ月後の2017年3月、XC60の新型モデルがワールドプレミア。そこから半年後には新型モデルが日本導入。

クラシックモデル発売から1年前後というルールも今まで通り。とってもスタンダートなフルモデルチェンジでした。

V60がクラシックに変わった時

ボルボV60カタログ画像
出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

ボルボV60は2018年9月に新型モデルへ切り替わりましたが、クラシックが発売されたのは2017年8月。

約13ヶ月の歳月を、CLASSIC と R-DESIGN で販売されていました。

V60 MY2017V60 MY2018
T3 SE

D4 SE

D4 R-Design

T5 SE

T5 R-Design

T6 AWD R-Design

D4 Tack

T3 Classic

D4 Classic

T5 Classic

D4 R-Design

T6 AWD R-Design

ラインナップを絞らず、構成を大きく変えて販売していました。

注目はD4モデルのクラシック。ディーゼル人気にあやかり、499万円という超お値打ち価格で発売!

ちなみに比較ができるT5 SEとClassicの価格差は、Classicのほうが16万円安い519万円という価格設定。V60もモデル末期はとても買いやすい価格設定だったんですね〜

しっかりサンルーフも本革もついていました。現行V60より大幅に安いです!

さて、V60は2018年2月にワールドプレミアを果たし、7ヶ月後の9月に日本発売。XC60と同じような時間軸で動いているようです。

S60は変わっていない

VOLVO S60 2018
出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

ボルボS60は、V60と同じく2017年8月にクラシックを発売。ワールドプレミアは2018年3月に果たしていますが、いまだ日本への導入は聞こえてきません。

日本ではあまり販売されないモデルではありますが、とってもかっこいいスタイルになりましたので再びセダン人気に火がつけばいいな!と思わせます。

S60 MY2017S60 MY2018
T3 SE

D4 SE

D4 R-Design

T5 SE

T5 R-Design

T6 AWD R-Design

D4 Tack

T3 Classic

D4 Classic

T5 Classic

D4 R-Design

T6 AWD R-Design

モデル構成はV60と変わらずです。

コンポーネントもV60と同じなのだから、はやく発売してよ。。。と思いますが、S60はアメリカに建設した新工場で製造されるようで、この工場の立ち上げに時間がかかっていたようです。

2018年6月には新工場が稼働開始。そろそろS60の日本導入が見えてくるのかな。。。?

しかし、クラシックの発売からすでに(2018年12月時点で)16ヶ月。XC60を超えてしまいました。ボルボクラシックシリーズ最長となりつつあります!

V40のフルモデルチェンジ予測

出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

ボルボV40は2018年12月にクラシックエディションを発売。

今回、クラシックではなく「クラシックエディション」という特別仕様車。これは何故なのでしょう。

何かモデル名称の決め事でも作ったのかもしれませんが、いままでは「SE」だった豪華装備仕様が、今は「Inscription」へ変更になっています。これらのベースモデル名を変えられないのかもしれません。

ちなみに、この「クラシック」というモデル、どうやら世界共通では無いようです。

V40は2018年12月現在、スウェーデンでモデルの縮小を受けていて、今はCrossCountryとR-Designのみがラインナップ、イギリスでもMomentumとR-Designのみとされています。

フルモデルチェンジが近づいてきている、と言えるでしょう。ただし、V40はしっかり2019年モデルに切り替わっていますから、1年以上先である可能性もありますね。

MY2018MY2019
T2 Kinetic

T3 Kinetic

T3 Momentum

T3 Inscription

D4 Kinetic

D4 Momentum

D4 Inscription

T5 R-Design

T2 Kinetic

T3 Kinetic

T3 Momentum

T3 Inscription

D4 Kinetic

D4 Momentum

D4 Inscription

T5 R-Design

T3 Tack Edition

T3 Classic Edition

ちなみに、クロスカントリーは次の通り。

MY2018MY2019
T3 Kinetic

D4 Kinetic

D4 Momentum

D4 Summum

T5 AWD Momentum

T5 AWD Summum

T3 Kinetic

D4 Kinetic

D4 Momentum

D4 Summum

T5 AWD Momentum

T5 AWD Summum

T3 Tack Edition

T5 AWD Classic Edition

さて、世界的に縮小ムードのV40。日本導入の予想をしてみましょう。

新型V40は2019年10月説

特別仕様車として出したことには、なにか意味があるはず。

ひとつはいつもの「クラシック」よりも、期間を短くしたい、とボルボカージャパンが考えたと受け取る時です。

ワールドプレミアは2019年3月と予測し、XC60やV60の時のように、秋くらいに日本導入、という線ですね。

以前about-VOLVOで予想した時期より大幅に前倒し。。。恥ずかしい!って、まだ決まっていませんが(^^;)

しかし、V60の納入が遅れているように見えますので、いつもよりも遅くなる可能性もあります。ボルボにとって、このクラスは販売台数を稼げるモデルのはず。そして、強力なライバル「ゴルフ」のいるセグメントです。

妥協しない、最強のV40を考えるなら、あまり焦らないと考えるのが無難です。

新型V40は2020年1月説

V40クロスカントリー
出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

ボルボカージャパンのラインナップ拡充のタイミングで考えてみます。

まず、2019年4月くらいには、V60 T6/T8 TwinEngineが発売。これを待ってV60をオーダーする人たちが必ずいるでしょう。

そして同じ時期に、V60 CrossCountryを発売。どちらかといえばTwinEngineよりも人気が出そうなこのモデル。営業マンはこの2車種でいっぱいいっぱいになります。

そこで、S60は思い切って9月まで納入を引っ張るとします。新車効果である程度販売数を確保できそうですが、XC60 / XC40 と大忙しだったボルボ営業マンには、少し余力が。

そこで、XC40のTwinEngineを8月頃から納入開始にします。発表は5月頃と2020年モデルの発表に合わせてとなると思われますが、納車をずらすことで対応。

こうすると、V40を販売する余力がない。。。いえ大丈夫。

2020年はV40一本勝負!としてしまえばいいのです。V40は再来年!この方が安全です(^^)

新型V40は2020年8月説

クラシックエディションが出たことで薄れてきた感じです。

むしろ2020年は、XC20のワールドプレミアなんてのがあるかもしれませんね。

ボルボとしては、2021年までに5車種の電気自動車を発表しなければならない。結構忙しい。しかも、まだまだ電気自動車は販売台数を見込めません。

やはりV40という、よく売れるモデルで足元を固めておいて、電気自動車のラインナップ拡充という確約の達成に注力することでしょう。

まずはワールドプレミア

ボルボCIマーク

もうひとつ、おおよそワールドプレミアから半年で、日本導入となっています。

V40は人気モデルですから、おおよそ半年と見ていいでしょう。となれば、ワールドプレミアがいつになるか、ですね!

大きな会社ではないものの、とても忙しそうなボルボ。次の大きな発表は、間違いなくV40のはず!

ClassicEditionの発売で、俄然新型V40が見えた感じがしてきます。

ワクワクしながら、その日を待つことといたしましょう(^^)

about-VOLVOのオススメ

https://about-volvo.11-life.com/special-v40-classic/

https://about-volvo.11-life.com/info-bad/

 

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG