●お知らせ 9月になりまして仕事が忙しく ブログの更新は不定期になります。

V60 新車購入 お見積もり(V40D4 2年3ヶ月下取価格つき)

ボルボV60の、ほぼ値引き0のお見積もりをご紹介します。

ボルボV60の見積書をいただきました。

欲しいけれど買う気がない、そんな感情でセールスさんと話をしていた為、値引きなんてスズメの涙でした(笑)

それでも、これからボルボV60を検討するには良い情報となるでしょう。今回はボルボV60 Momentum + レザーパッケージのお見積書をご覧いただきましょう。

私なら、この見積もり+「Bowers & Wilkins」をつけて、一生物にしたいです!

スポンサーリンク

ボルボV60のお見積もり 販売価格

販売価格
車両本体価格4,990,000
特別価格調整(年度末)-2,358
車両店頭引き渡し価格4,987,642
付属品価格①483,000
付属品価格②68,418
現金販売価格合計5,539,060

まずは車両価格です。

付属品価格は見積もり上、2つに分けて出てきます。

付属品①はメーカーオプション、付属品②はディーラーオプション、という線引きですね。いやはや、値引きが-2,358って、ありえないでしょう(笑)

実際、もう少し値引きしてくれるのですが、ブログをやってることも話してしまったし、値引き情報は入れないでって言われているので、(あと納得できる値引額ではないので)今回は出しません。

付属品①
メタリック・ペイント83,000
レザーパッケージ400,000
付属品②
ETCセットアップ3,618
ボルボ・コート64,800

前回おまけでつけてもらいましたので、今回はしっかり先に入れてきたな!っていうのが、ボルボ・コート。付属品は確かにこれが最低限、かな。

カラーはヒュージョンレッドメタリックを選んでいる為、メタリック・ペイントのオプションが入ります。レザーパッケージも、やはりボルボのレザーシートは気持ちいいですから、つけておきます。

もちろん、本革はやめて、T-TEC/テキスタイルコンビネーションの指名でも良いですね。キーレスやシートヒーターがなくなるのが痛いのですが。

ボルボV60のお見積もり 税金保険等

税金保険等
自動車税(2月〜3月)6,500
自動車取得税149,900
自動車重量税49,200
自賠責保険料(37ヶ月)36,780
用品オプション取得税空欄
下取未納自動車税空欄
税金・保険等合計242,380

自動車取得税・・これなあ。ディーゼルのV40の時には、かからなかったしなあ。

一度美味しい思いをすると、忘れられないのは人間も動物もお客様もディーラーも同じ。環境型エンジンであれば、自動車取得税や重量税が軽減されます。

ボルボにも、いつでもだれでも選べる環境エンジンを設定してほしいです。

ちなみに、下取未納自動車税の項目、もし自動車税を支払っていない場合、下取に出すときに納税してからでないと売却できませんので、ここで必要になってきます。

ボルボV60のお見積もり 登録手続代行費

登録手続代行費用
検査登録手続代行費用75,600
車庫証明手続代行費用10,800
納車費用16,200
下取車手続代行費用16,200
希望番号手続費用5,400
下取引取費用空欄
下取車査定料空欄
輸送費用空欄
行政書士料空欄
代行費用合計124,200

車庫証明手続きは、結構簡単にできますのでカットを。。。なんてすると、まるで月間自家用車になってしまいます(^^;)

が、値引きをお願いするときは、この辺りを削っていくのはセオリーのようです。もちろん、最後には無料でやってよって甘えるのですが。

しかし、やはり代行費用で結構粗利を稼ぐんですね。これみんな人件費だもんね。

ボルボV60のお見積もり 預り法定費用

預り法定費用
検査登録3,240
車庫証明2,600
下取車500
希望番号2,660
公正証書費用空欄
預かりリサイクル預託金20,270
預かり法定費用等合計29,270

こちらは法定費用のうち、書類代です。削ろうにも削れないところってやつですね。

希望ナンバー、いらないんだけど、私のセールスさんはどうしても入れて欲しいって懇願するんですよね。手数料と合わせて8,000円じゃないですか。お願いだけで8,000円ってどうかしている。

ボルボV60のお見積もり その他

その他
資金管理料金280
VSP+64,800
延長保証2年特典
その他合計65,090

ここでVSPが出てきます。

VSPに入っておけば、点検時の消耗品交換もしっかり実施してもらえて便利です。途中で買い換えても戻ってくるそうな。

5年保証(延長保証2年)がついてくるので、購入後5年間も安心してクルマに乗り続けられる。素晴らしいことです。

ボルボV60のお見積もり 総販売価格合計

V60リア

総販売価格合計(消費税含)6,000,000

ということで、レザーパッケージつきボルボV60 Momentumは、600万円となりました。うーん、いい値段ですね!

さてさて!新車を買おうって言うのだから、今乗っているクルマを手放さなくてはなりません。さらに月賦で購入するにしても、頭金は必要です。

そのプランニングが面白かった、今回のお見積もり。支払い方法はどのようになるか、は、座談会メンバーへお任せして面白おかしく読んでいただきましょうか!

お支払い条件と座談会(V40 D4 2年4ヶ月時点下取り額)

頭金
現金(含申込金)580,000
下取車充当額1,750,000
残債-1,970,000
現金小計360,000
分割金5,640,000

ーーーボルボV40 D4 Momentum 3年目の売却見積額は。。。175万円でした。

マコ「え?」

エイジ「おや?」

シンゴ「えええ(笑)ここから座談会なの!?もう何も伝えること、ないじゃない!」

マコ「むしろ、がっかりする人が多いのではないのでしょうか(汗)」

エイジ「輸入車は購入直後で100万円落ちる、とか、半値になるとか、いろいろ言われていますが本当のようですね。」

シンゴ「まあこればかりは仕方ない。ボルボのリセールもまだまだ良く無い。そもそも輸入車なんて、自分とばっちりフェーズが合う時だけ買うべきであって、ちょっとくらい気になっても高級輸入車だからいい!なんて気持ちで買えば後悔するよね。」

エイジ「175万円かぁ。2年経過後に175万円。V40 D4 Momentumの新車販売価格が414万円。半値ちょっと下、ってところかな。」

マコ「クルマは2年で手放すのはやめた方がいい、ということがわかる、いい話題でした!それではまた来週!」

エイジ「いやいやいや、内容が薄すぎる。もう少し話を盛りましょうよ。今回の決め手は下取価格もそうなんだけど、残債のところです。アクティブローンで組んでいて、3年経過後159万円の残債が残るように設定していました。金利0キャンペーンもあったので、この組み方をしたんですね。」

シンゴ「それで、3年目に入って4ヶ月のところで、残債が197万円か。車検時に下取価格と残債がトントンになるかどうかというところだね。」

マコ「思ったよりもきつい。そうなると、もう少し引いてくださいってなるわけなのです。ボルボのセールスさんも、値引きを見越して思い切った戦略で攻めてきました!」

エイジ「思い切った戦略!?そいつはいったい・・・・・!

マコ「10年ローン!」

シンゴ「じゅ、じゅーねんろーん!!」

マコ「割賦金564万円を、今と同じペース(月35,000円)で支払うことで、10年ローンであれば買えますよ!」

エイジ「そんな無理したくないですね(笑)」

マコ「一応、月々35,000円、ボーナス月加算10万円、実質年率1.9%の120回払い。」

シンゴ「10年乗るかなぁ?そこまでして欲しいかと言われると。。。」

マコ「欲しいですね(^^)」

シンゴ「いや、まあそうなんだけどね(笑)」

エイジ「10年というのは、例えば子供が生まれてから、小学4年生になるまで。小学4年生から、成人まで。あ、いま成人は18歳にするって言っているのかな?なかなか長いですよ。」

シンゴ「10年先を考えてみよう。日本はどうなっているだろう。少子高齢者は拍車がかかって、給料はあがっても社会保障費も増えて、子供は学費もかかってで、面白いローンだけれど受け入れがたいのは確かだよね。」

マコ「なんだかリボ払いみたいです。一定額で支払っておいて、早く返せるくらい溜まったなら、支払ってローンを短くします。」

シンゴ「よくカード会社がOK出すよね。」

エイジ「ものが売れない時代なのでしょうね。なんでもありですよ。」

クルマの長期ローンはやめたほうがいい理由

エイジ「昔からメーカー系じゃなくて、レンタル会社系では見ますよね、10年ローン。」

シンゴ「そうだね、新車がなんとこの価格で!といって、ワゴンRとかムーブとか、アルファードとかの人気車種を売っているよね。」

マコ「安い!って思うローンの形って、大概は残債多めの残価設定ローンか、10年分割ローンです。しかし、10年ローンなんて組んでしまうと。。。」

エイジ「そもそも、ボルボでさ2年ちょい落ちで残価率が50%〜40%だとすれば。。。」

シンゴ「先の見積もりで言えば、最初の2年でクルマの価値としての250万円が吹き飛んで、かつローン残債が400万円付近な状況。10年乗ればいいのだろうけど、人は飽きるからね。。。」

マコ「私は、無理やりにでも販売プッシュしてくるセールスさんよりも、その人の負担にならないように、止めるときは止められるセールスさんのほうが好感を持ちますね。」

シンゴ「人それぞれだと思うけどね。長期ローンを組めば憧れのボルボに乗れる!っていう人はいるだろうけど。」

エイジ「そこは、セールスさんとの相性ですかね。aboutVOLVOのセールスさんも、こんなローンの組み方しかできないんだから、今は狙うのやめておけば?と言っているのかもしれないですよ。」

ボルボV60値引き情報

マコ「となれば、あとは実質的な価格低減の交渉に入るべきです。ディーラーへ値引き要請をかけるのです。(買う気なら)。」

シンゴ「V60は発売開始して5ヶ月ほど。(2019年3月現在)まだまだ値引きは厳しいようですが、ボルボからボルボへの乗り換えなら値引きは出るようです。」

エイジ「どれくらい出るのだろう??」

マコ「ざっとですが、目指すは指3本です。ブイブイ!」

シンゴ「なら、特盛で指4本?ブイブイブイ!」

エイジ「まあ初年度ですからね。4年後のモデルチェンジくらいになれば、もう少し緩くなると思われますよ。値引き情報については、皆様コメントをいただけると嬉しいです。」

シンゴ「実際、買う気満々で行くなりしないと、セールスさんだって値引きは書かないだろうね。最終的にこの価格で買いました!みたいな情報があるといいなぁー」

マコ「そういう情報交換板は、コメントよりもBBSとか、掲示板なのかな。。。何れにしても、まだまだ値引きの渋いボルボV60。お得に買いたい族はもうしばらく待ちましょう。」

 

という事で、2019年3月時点では20万円前後の値引きが期待できそうなV60です。まだまだ初年度。じっくり待ちましょう。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG