ボルボD4ドライブ動画 大黒PA〜きたせんはトンネル長くて眠くなる

特集

ボルボの機能説明動画をYOUTUBEで公開していましたが、今後面白いコンテンツを増やすために、動画練習としてドライブ動画をアップしてみました。

面白い動画、といいつつ、いきなりですがつまらなくって眠い動画になりました(笑)

なにせ、首都高神奈川7号横浜北線は、約7kmずーーっと地下を走るし、広いのに制限時速60km/hだし、ガムがないと寝てしまいそうです。

ボルボの車線維持支援機能があれば、安心ですけどね!

首都高神奈川7号横浜北線「きたせん」とは?

2017年3月、きたせんが開通。首都高横羽線〜第三京浜港北ジャンクションをつなぎ、それまで神奈川県の都心を通らないといけなかった横羽線〜第三京浜を、ショートカットすることができるようになりました。

距離にして約半分を節約、さらに高速料金も、わずか20円ですがお得に走れるようになり、所要時間も短縮、いいことづくめです。

ただ、建設する高速道路は全域地下につくられていますが、JR東日本 菊名駅〜大口駅の間にある住民が反対活動をしていたのを覚えています。

馬場インターといわれる場所あたりですが、現在インターチェンジを建設中。将来便利になるとともに、自動車の交通量も多くなることが予測されます。

通称「きたせん」こと横浜北線は、東名高速道路 横浜青葉インターとつながる予定です。

第三京浜道路と東名高速道路は接続されていなかったので、神奈川県北東部の利便性があがりますね。

なが〜いトンネルを動画でみよう

地下を走る高速道路の上では、争い事に発展して何年も工事が遅れることがあります。

住んでいる方のご心境への配慮、立退く方のご決断に感謝しつつ、ながくて眠くなる動画を再生してみましょう。

ボルボのディーゼル音(とロードノイズ)も堪能できますよ!

ナビゲーション画面をよく見ていただくと、どのタイミングでインテリセーフの機能がオンになるのか、わかります。意外と情報の多い、すばらしい動画じゃありませんか!

再生時間は14分ほどありますので、wi-fi環境をお勧めします。

首都高速 大黒PA〜きたせん ボルボV40ドライブでのんびりドライブ

自虐的ですが、この高速道路は本当にねむくなる!

それをわかってか、道路は右に傾いており、気をぬくと車が右の壁に寄っていきます。

ボルボの車線維持機能のおかげで助かったこともしばしば。べつに運転が下手なわけではないのですけどね。

このトンネル内を時速90km/hオーバーで走る人も多いのですが、速度違反にあたるだけでなく、とても危険です。正義感の強い皆さんは、ぜひ安全運転を心がけましょう!

眠さのご褒美♪

このあと、高速道路をおりたら目の前に白のVOLVO V40 D4がいらっしゃったので、帰る方向と逆方向でしたがちょっと追いました(笑)

同じ車、同じモデルを見ると、なんだか嬉しくなります!

Inscriptionマークもないので、完全に同じモデル、か!? Kineticもあるので断定はできませんが(笑)

フォーティ
フォーティ

取り乱しています。すいません。

昔にくらべて増えたボルボですが、V60 CrossCountryかS60まで、新型車はお預けです。V40とS60は、ボルボの小型車で選べる少ないディーゼル車になりました。

ちょっと踏むだけでグイグイ走って燃費のいい、ボルボディーゼルはいつ買っても損はなしです!

スポンサーリンク

まとめ

ボルボは快適である。

ディーゼルは運転が楽である。

ボルボはスポーツ走行用ではなく、おっとり型である。(スポーツ走行モードはついてはいるが)

 

つまり、長いトンネルはすごく眠くなります。でも、運転支援装置がついているので怖いことはありません。

世界でいちばんの安全性を模索するボルボ。私のお気に入り。

末長く付き合っていきたいですね!

about-VOLVOのおすすめ

ボルボエンジンライブラリ D4204T14(D4用ディーゼルエンジン)
ボルボ D4用エンジン B4204T14を細かく解説。世界でもトップクラスの排ガス規制を乗り越えて輸入されるディーゼルエンジンの魅力に迫ります。
ボルボV40 D4 スポーツモードは魅力の性能で楽しめる!
V40 D4のスポーツモードはドキドキできる高性能。ディーゼルでここまでスポーティに仕上げられると、T5 R-Designと悩ましい選択に迫られてしまいますね。