V60 / V60CrossCountryが2020年モデルに!V90 D4に特別仕様車設定!

ボルボ XC40 オリジナルWEBデジタルカタログ

  • 2018年11月4日
  • 2018年11月4日
  • 特集
  • 134view
  • 0件

 

 

 

about-VOLVOへ来てくださった皆様へ、できる限り美しい写真を添えて、お送りする「WEBカタログ」。

もちろん、写真はすべてオリジナルです。

今回は、ボルボの小型SUV、「XC40 T5 R-Design AWD 1st Edition」をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、一人娘のように愛おしい。

正直な性格、芯の強い内面、誰もが振り向く容姿。

他のクルマにないものをもって生まれてきた。

身内にも似たものもいない、異端児。

兄たちが森で遊ぶなら、娘は都会で遊ぶ。

兄たちが勤勉に生きるなら、娘は自由に羽ばたく。

旅立ちを願った生き方は、着飾り方の違いで表現する。

ボルボXC40。それは、都会に旅立った娘のように、強くたくましく、美しい。

VOLVO XC40 BodySize (L)4,425cm x (W)1,875cm x (H)1,660cm

 

 

すれ違いざまにチラっと見るようでは、XC40を美しいとは評価できない。

グラマラスなボディラインをじっくり見る。思ったよりもくびれている彼女の姿がある。

無骨に見える。しかし兄弟のように肩をはったりはしない。

鍛えられた筋肉は、大自然で走り回った幼少時代を感じる。

瞬発力は都会に出ても衰えていない。ただ、隠すだけだ。

VOLVO XC40 T5 Engine MAX Power 252ps/5,500rpm

and Torque 350Nm/1,800rpm-4,800rpm

 

 

 

足元を意識させる、スウェーデンの国旗。

駆け抜ける足についたマークは、美脚を際立たせるだろう。

 

 

化粧はしないのがポリシー。

少しクセのある顔立ちは、密かに自慢である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍛えられたボディの内面には、研ぎ澄まされた志がある。

challenge ではない。defiance ーーー 若さゆえの反抗から生まれる、新しい世界。

XC40の内面にある、強い意志を見極めろ。

 

 

 

 

 

 

かつてないほどのコントラスト。

ブラックカラーにホワイトアクセントは、ステアリングだけでなく、ドアーにも施されている。

光に照らされるアクセントパーツはきらびやかで、オレンジカラーのマット素材とともに、兄弟とは別次元に及んでいる。

“Lava”オレンジフロアカーペット&ドア内張り素材はR-Design、Inscriptionで設定

 

 

 

 

9インチタッチスクリーンセンターディスプレイは全車標準装備

HDDナビゲーションシステムは T4 を除く車種に標準装備

 

 

 

 

 

ドアーをあけて、腰をシートに置く。

「腰を乗せる」わけでもなく、「落とし込む」わけでもない。置くだけでいい。

絶妙な高さでデザインされたフロントシートは、たまたまできたわけではない。

受け継がれてきた安全性と居住性。

 

挑戦はする。

 

しかしそれは、基礎をしっかりとこなした上で行わなければ、ただの時間の浪費になる。

趣味では終わらない。

本物を目指した結果が、ここにある。

 

R-Design専用Nubuck/ファンナッパレザー コンビネーションシートは T4/T5 R-Design 専用装備

8ウェイ運転席パワーシートは T4 を除く車種に標準装備

 

 

見るところ、触るところ、どこかに不満があれば、車の手離れは早くなる。

それは、また新たな1台を探すこと。作ること。

 

おおきな浪費のきっかけだ。

 

艶出しパネルで覆われたシフトレバーまわりには、若さがにじみ出ている。

傷はつかないか。埃は目立たないか。

 

突き抜けるように異端をめざした結果が、たまに現れる。時には悪いこととして。

しかし、許容するのは大人。受け入れるならば、彼女の作り出した新世界を堪能することができるのだ。

 


鮮烈なオレンジは、まるで生き物のようだ。

空調の送風口もあり、後部座席も快適に過ごせる

 

おお振りのシートは、圧迫感をもたらすかもしれない。乗り降りこそいいが、眺めは悪い可能性が高い。

すべてを満足させるのは難しい。

 

 

好きな人の声は、たとえ鼻歌だろうと聞いていたくないだろうか。

ましてや、コーラスなんて人生の幸運そのものだ。

お気に入りの一曲を、最高のリスニングルームで。

ボルボXC40は、3種類のオーディオシステムを設定。モデルの特性に合わせている。

harman/kardon サウンドシステムはMomentum/R-Designにメーカーオプションで設定

Inscriptonには標準装備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

ボルボXC40は、SUVとは思えない身のこなしと、唯一無二のデザインがすばらしいSUVです。

写真のR-Designのブラックルーフの他、Momentumのホワイトルーフもあり、エクステリアデザインは迷うばかりです。

このサイト about-VOLVO で情報をあつめて、楽しいボルボライフを実現させてください。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG