●お知らせ 夏休み期間中は 記事の更新ペースを不定期とさせていただきます

【比較】ボルボ新型V60と競合!至高のワゴンはどれ?(エントリー編)

  • 2018年9月10日
  • 2019年3月26日
  • 比較
  • 1725view
  • 0件

9月中に発表されるボルボV60。

ワゴンといえばボルボの代名詞ですが、日本車も含めてライバルの多いジャンルへと成長しました。

とくに、立体駐車場に入り、居住性がセダンのようによく、荷物も載せられるワゴンは需要も多く、スバルレボーグのようなワゴン専売モデルもあるほど。

確かにデザインよし、性能よしのボルボには刺客はなさそうですが、それでも選ぶ方から言わせてみればライバルも気になるところ。

今週はボルボNewV60の発表記念として、日本で手に入るプレミアムワゴンを比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

モデル選定基準

以下の基準で選定しています。

・価格は400万円以上、600万円以下で手に入る事。

・日本でいつでも手に入る事。台数限定などは含まない。

・プレミアムの代名詞、本革シートまたは人口表皮シートを装備している事。

ボルボはV60 T5 Inscriptionの予想価格 550万円で想定します。

ボルボ V60 Inscription

 

View this post on Instagram

 

Volvo Carsさん(@volvocars)がシェアした投稿

ボルボ V60 T5 Inscription

ボルボの中では中間車種ですが、自動車業界全体で言えば高級ラインナップとして光るボルボNewV60。

車のデザインのベンチマークとして君臨し続けます。

予想としてはT5およびT6 AWDが用意させるはずで、T4やハイブリッドは遅れて導入されます。

そして、ディーゼルは入ってこないって。残念だね(T . T)

T5 Inscriptionは550万円〜600万円の範囲内で価格設定されることでしょう。

252ps、350Nmは充分な性能で、大げさな高性能ではありませんが余裕の動力性能。はやく試乗してみたいな。

フォルクスワーゲン パサート

 

View this post on Instagram

 

Attila Takácsさん(@takiatis)がシェアした投稿

VW PassatValiant 2.0TDI highline

 大衆車フォルクスワーゲンのハイライン。ボルボは消極的になりつつあるディーゼルを搭載しているモデルです。

190ps、400Nmを発揮するエンジンは、高速道路まで余裕の走りを実現するに違いありません。

また、シートにはナッパーレザーを使用。上質な室内空間を期待させる装備です。

自動車の先生、フォルクスワーゲンの上級ワゴンはどのような性能なのでしょうか。

メルセデスベンツ C-ClassStationWagon

 

View this post on Instagram

 

Mercedesbenz浜松和田さん(@hamamatsu_yanase)がシェアした投稿

メルセデスベンツ C180ステーションワゴンアバンギャルド

 メルセデスベンツCクラス。小ベンツなんて言われるような品質ではもはやなく、モデルチェンジを重ねるごとに美しく、アグレッシブに育ってきました。

156ps、250Nmの4気筒エンジンを、なんと9速オートマチックトランスミッションで駆動する。

9段にもなれば、シフトチェンジは音がちょっと下がるくらいなんでしょうね〜

高級輸入車の牽引役、メルセデスベンツの底力を見せていただきましょう!

SUBARU レヴォーグ

 

View this post on Instagram

 

NAOKI.KKK🇯🇵さん(@bk_nk33)がシェアした投稿

SUBARU REVORG 2.0 STI Sport EygeSight

日本のワゴンといえば、スバルレガシィ。だったのですが、日本でのレガシィの後継車はレボーグでしょう。

コンパクトなサイズの中で、めいっぱいの機能をつぎ込んだツーリングワゴン。2リッターターボエンジンは昔はスバルのものだったはず。

今もボクサーエンジンにターボ武装し、輸入車に真っ向勝負をかけつつも、日本車最先端の安全機能で信頼を勝ち取ります。

マツダアテンザワゴン

 

View this post on Instagram

 

Krzysiek-17さん(@krzysiek_17)がシェアした投稿

MAZDA ATENZA XD L-Package

がんばるマツダのハイエンド。アテンザのスタイリッシュワゴンで、ディーゼル!AWD!ナッパレザー!

価格はなんとレボーグと張り合う420万円。クリーンエンジンでこの価格です!

どこまで欧州車と張り合えるのか楽しみな一台ですね!

今回はこの5台で行きます

内装でボルボに叶う相手はいないと思いますが、そこはオーナーの趣味ですからね。

読んでくださる皆さんの趣向も千差万別。車のデザインも千差万別。

日本車はスバルもマツダも最上級グレードなので、しっかり皮シートがついています。輸入車よりもお得感がありますね〜

以前の「450万円SUV比較」のように、エンジン、インテリア、機能性などを個別にチェックしていきます。

よろしくお願いします!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG