ボルボV40のメーターは飽きたら変えられて面白い

  • 2018年6月8日
  • 2018年6月19日
  • 性能
  • 377view
  • 0件
飽きたら変えられるボルボのメーターって面白い。

自動車を選ぶときに、コックピットのデザインって大事ですよね。

私もボルボV40を選ぶときに悩みました。

なにせ、2眼メーターが希望でしたからね。

今の新世代、XC90からは2眼メーターになりましたが、V40やV60は1眼メーターなんですよね。

慣れてしまいましたのでよいのですが、北欧デザインって操作関係はダメだなと今でも思います。

スポンサーリンク

ボルボV40のメーターはデザインを変えられる

デジタルメーターになったおかげで、各社いろいろな仕掛けを用意して運転手を楽しませてくれます。

ボルボで言えば、メーターの色であったり機能であったりが少し変わります。

写真をお見せしながら説明します。

エレガントモード

試乗車などもだいたいこの「エレガントモード」になっていると思います。

黒と白を基調とした、とってもノーマルなモードです。

基本ですので、ここで大体が説明できますね。

真ん中の速度計には、トリップメーターやサイドブレーキ、アイドリングストップのマークが表示されています。

また、時速40kmの表示があります。これはカメラで認識した標識が表示されていて、制限速度標識を見逃してもわかるようになっています。

制限速度を認識している場合、速度計にマーキングされるようになっています。「40」の横にある三角マークがそれです。

設定によっては、制限速度を超えたときにアラームを鳴らすようにも設定できますが、例えば側道から幹線道路に出たときに、あたらしい標識をみつけるまでは表示が更新されませんので、アラームが鳴り続けることになります。

速度計の左側にはエンジン水温計、平均燃費、外気温度が、速度計の右側にはエンジン回転数、平均速度、現在時刻が表示されています。

平均燃費は瞬間燃費に変更することもできますし、平均速度と一緒ににはなりますが、画面から消すこともできます。

さて、エレガントモードの特徴は、白黒のピアノ調でわかりやすい、という一言につきます。

他のモードはもう少し面白いテイストに変わります。

エコモード

水温計が「エコガイド」表示に変わる他、薄緑色が面白い表示へかわります。

この「エコガイド」に表示されている三角マークより、メーターが上ならエコ走行、下側ならエコではない走行です。

情報過多はいけないと思いますが、青色の表示の濃さで認識できますのでメーターをあまり見なくてもわかりやすいかな、と感じます。

ちなみにこのエコガイド、多少アクセルを強めに踏んでも「エコ」だよと表示されます。エコ走行って、アクセルを弱く踏んでいればいいだけではないのですね。

パフォーマンスモード

がらっと表示イメージの変わるパフォーマンスモード。

一番大きく変わるのは、速度計が数字表示になることです。そしてエンジンの回転数がとてもわかりやすく表示されます。

表示は赤いのですが、速度は一番よく見えます。安全運転にもいい表示です。

速度計の右側はパワー計?がついています。これはあまり実用じゃない気がしますが。

とにかく回転数を見たいときにお勧めです。でも、すこし赤い。

コントラスト表示でおとなしい表示に切り替わる

これら3つの表示の好みの機能を探せても、デザインがイマイチと思う人には、すこしコントラストを抑えたメーター表示が用意されています。

エレガントモード

上がコントラストを抑えたメーター。舌がノーマルです。速度計の周りの薄い色が抜けています。

また、ノーマルだと速度を認識しやすいように現在の速度のあたりが明るくなるのですが、コントラストを抑えると明るくならないように変わります。

エコモード

上がコントラストを抑えたエコモード表示、下が通常のエコモード です。

速度計の周りの色が抑えられています。

こちらは現在の速度の周りは明るくなる要素は消えないようです。

また、アイドリングストップから抜けたまま停止しているので、エコメーターの針が下に振れているのがわかります。

パフォーマンスモード

上がコントラストを抑えたパフォーマンスモード。下が通常のパフォーマンスモードです。

全体的に色が抜けて、落ち着いた表示にかわっていますね。

また、アイドリングストップが解除されているので、回転数の針が上がっているのがわかると思います。

リモコンキーが覚えてくれる

複数の人で乗る場合、リモコンキーが画面の情報を覚えておいてくれます。

このリモコンキーの情報記憶は、8ウェイパワーシート搭載者ではシートポジションも覚えておいてくれます。

ただ、時々記憶されているはずのものと違うシート位置、画面表示になる場合があります

他のリモコンキーと干渉しているのかもしれませんが、電装品は日本車ほど正確には動かないことは覚悟しておいてください。

ナビゲーション画面にも連動する

これらメーターの色を変更して、気分によって変えられるのはとても良いことですね。

そして、変更した表示モードはナビゲーション画面にも反映します。

それはこちらの写真です。

エレガントモード

エコモード

パフォーマンスモード

初音ミク。趣味丸出しですね(^^;)

初音ミクが好きなら、断然エコモード !ですかね。どうですかね。

私は色々試しましたが、結局エレガントモードに戻りました。色がつくとちょっとうるさいかなと思ったのが理由です。

皆さんも好きなメーターを選んで、ボルボライフを楽しんでくださいね。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG