●お知らせ 夏休み期間中は 記事の更新ペースを不定期とさせていただきます

ボルボV40 ECO+モードで本当に5%燃費がよくなるの?

  • 2018年6月18日
  • 2018年6月19日
  • 性能
  • 1117view
  • 0件
ボルボV40のエコプラスモードは エコだけど精神的にはエコじゃない

ボルボ 燃費 で検索すると、エコプラスモード の記事がたくさんでると思います。

車のシステムをギリギリまでエコラン用にするエコプラスモード。

燃費マニアにはもってこいのモードですよね。

我が家のボルボV40 D4は、一般道で13km/l、高速道路では27km/lは走ります。

では、実際エコプラスモードで走ると、どれほどエコになるのか。

どれほどの機能なのかと使ってみると、燃費を伸ばすどころか途中でエコランに飽きてしまうモードでした。(!)

※私個人の感想です。

エコプラスモードについてのV40 D4の動きを、解説していきます。

スポンサーリンク

これらがボルボV40のエコモードの特徴だ!

エンジンをかけるたびにエコプラスモードボタンを押さないといけない

エコプラスモードで運転してきて車を止め、エンジンを切って車の外にでます。

用事を済ませて車に戻り、エンジンを入れると、エコモードが解除されています。

エコモードは、毎回入れ直す必要があるようです。

アクセルレスポンスが悪くなる

エコモードをオンにして出発すると、ノーマル時よりアクセルの踏み込み量あたりの出力が低くなっていることに気づきます。

だいたい、3分の2くらい。ですので、結果的にアクセル開度が下がり、エコランにつながります。

これは大してストレスにはなりません。

エアコンのモードがかわる

「AUTO CLIMATE」から「ECO CLIMATE」というモードに、エアコンの機能が変わります。

すると、エアコンの動作がアイドリングストップ中と同様の、省エネモードにかわります。

省エネモード自体はいいのですが、除湿機能が大幅に下がるため、湿度や気温によってはフロントガラスが曇ります。

これはなかなか危険モード。一番改善を希望する箇所です。

停止時、早めにアイドリングストップがかかる

停止目標にあわせてブレーキを踏んでいくと、時速4km/hを下回るくらいでエンジンが止まります。

ブレーキを強く踏んでいると、エンジントルクが抜けてかっくんブレーキになります。

ブレーキの最後は気を使います。が、早めのアイドリングストップで省エネにつながります。

慣れれば気にならないでしょう。

エココースト機能は体感できない

時速60km/hを超えて走っている時、アクセルをオフにすると、条件によりエンジンブレーキをかけずに惰性走行するモードに変わります。

では体感でどんなかんじか、と言うと・・

私の所有しているV40 D4は、もともとフリクションロスが少ないため、体感でわかりません。

そもそも惰性走行が得意で、ある程度速度をあげてからアクセルを離しても、速度を落とさずに進みます。

Drive-e、すばらしい出来です。

以上がボルボV40のエコモードだ!

V40のリアイメージ

このシビアなまでの制御で、燃費が5%改善するそうです。

ですが、運転のイライラは5%では済みません。

あぁ、ではボルボV40ではどのようなエコランをすればいいのだ!!

普通に走れば十分エコラン

実は、ボルボV40のナビゲーション画面で、エコ走行の方法が乗っています。

ガイダンスが記載されているだけですので、チュートリアルがあるわけではありません。

ですが、まあまあ役に立つ事が書いてありました。

そのエコ走行の方法をまとめると、次のような感じです。

その1 アクセルを半分以上開けずに しっかり加速する

日本ではじわっとアクセルを踏む、と聞きますが、スカンジナビア風のエコランは、アクセルをしっかり踏んで加速、です。

ボルボV40 D4でアクセルを半分あけると、かなり加速します。ですので、適度な加速なら問題ないようです。

逆に、じわじわアクセルを開けていくといつまで経っても速度が乗らないので、シフトチェンジされずに燃費が悪化しそうです。

その2 惰性で走る

時速40km/hを超えると、アクセルオフしても速度はあまり下がりません。

瞬間燃費計は99.9kmを表示しているので、燃料カットしているよう。だとすると、タイヤからの入力だけで滑るように惰性で走るのです。

ボルボV40 D4に試乗した時に、最初に驚いたことでした。

アクセルオフで流せれば、燃費はぐんぐん伸びていきます。

やはりブレーキが一番燃費が悪化します。できるだけアクセルを踏まない、できるだけブレーキを踏まない。

これがボルボV40 D4の最良のエコラン方法みたいです。

番外 メーターをエコガイドモードにする

メーターをエコモードにすると、速度計の左側にエコナビゲーションが出てきます。

ここの青い面積が多ければ多いほど、燃費の良い走りができている、と考えていいです。

日頃からこういうモードで走っていれば、無駄にアクセルを踏もうという気も起きません。

番外 瞬間燃費計を表示しておく

平地を定速で走っていると、ものすごい燃費で走っているのがわかります。

例えば、時速45km/hで平地を走っていると、燃費計は30km/l前後を表示しています。

瞬間燃費計を表示しておくと、これまた無駄にアクセルを踏もうと思わなくなります。

エコプラスモードはいらない?

なんとも言い難いのですが、エコプラスモードにして運転がギクシャクしたりすると、逆に燃費が悪くなりそうです。

スムーズに走って、スムーズにエコランしたいと思えば、通常モードで充分だと感じます。

リラックスして、ゆったり走行すれば、思った以上にエコ走行ができる事でしょう。

是非、通常モードでのエコラン、試してみてください。

ボルボV40 D4なら、余裕で15km/lを超える事でしょう!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG