ボルボV40 ブレーキからの再加速の挙動がおかしい!?

V40ブレーキランプ 性能
ブレーキ中からの再加速は 少し不安な挙動を見せますが フンワリアクセルで回避できます

あ、これ、V50も含まれます。

ブレーキをかけていって、再加速するときにギクシャクする話です。わかっていれば穏やかに回避できますが、知らないとイライラします。

あなたの選んだ愛車、選んでいる愛車の「悪い癖」をしっかり把握しておけば、買った後に不満に思うことはないでしょう。

どんな悪い癖なのか

赤信号
あなたは目の前の赤信号に止まるため、ブレーキを使って車を停車させようとしています。

停車前に信号が青になりました。

再加速する為、アクセルに足を乗せ、ぐぐっと踏み込みます。

ん?回転数が上がらない。

と思った瞬間、踏み込んだ量に応じてガツンとエンジンが動きます。

このタイムラグ(0.5秒くらい)と、急にエンジンが回って急加速になるのが、悪い癖。

マニュアル車とか、コンピュータ制御のないオートマチック車から乗り換えると、ちょっと嫌な気分になります。

だって、アクセルは踏めばすぐにエンジンは回るもんね。

回避方法はジェントルにふわっとアクセル

この、ちょっとやんちゃな制御は、運転手が大人になればすぐに回避できちゃいます。

その方法は、ジェントルにふわっと軽めに、アクセルを踏むこと。

ボルボさん、ブレーキを踏んでいると速度を落として止まろうとする制御に入っているようなのです。

V40はブリッピングしながら、シフトを落としていく制御も入っています。

ボルボさんも必死なんですね。燃費を稼ぐために、ブレーキを消耗させないために、すこしでも回生を稼ぐために、出来るだけエンジンとミッションの直轄制御を入れている。

頑張っているボルボさんに、日本のような速度のアップダウンは合わないのでしょう。アクセルを踏まれたら、ちょっとためらっちゃうみたいなのです。

ですので、アクセルを軽く乗せて、合図を送ってあげるのです。これからまた、加速するよ。アクセルたくさん踏みたいよー、とね。

すると、ボルボさんもジェントルに返してくれます。エンジン音がダウン方向からアップ方向に、緩やかに変わります。

アクセルオンモードへ突入です。この状態でしたら、アクセルぐぐっと踏み込めば、リニアに加速していきます。

ね、かわいいでしよ?( ´ ▽ ` )

再加速のはじめの操作はフワッとアクセルで

少しアクティブな回避方法

もう一つあります。それは、シフトダウンでのエンジンブレーキです。

ハンドル横にパドルシフトがあります。これでシフトダウンしながらブレーキを踏みましょう。

パドルシフトを操作することは、スポーツモードに片足を入れることに準じるので、加速する事を加味したモードになります。

ですので、アクセルにはリニアに反応してくれます。

ETCゲートとかは、この方法を使いますね。

ちなみに、なぜパドルシフトで片足入れると表現したかと言えば、アクセルのレスポンスがスポーツモードにはならないから。

しかも、ノーマルモードでのパドルシフト操作はは一定時間経つとキャンセルされ、普通の制御に戻ります、

いずれにしても、コンピュータ制御の副産物です。コンピュータが車を操る時代。少しは人間が車に合わせてあげることも必要じゃないですかね?

パドルシフトをうまく使って再加速

スポンサーリンク

V40もV50も同じ挙動!

以前乗っていたV50も、まったく同じ動きでした。

ですので、ボルボ車全体で同じ動きなのかもしれません。

新世代のXC40や、その他のモデルでは直っているといいですね。

まあ、私はそんなにアクティブな乗り方をしないので、ジェントル回避で問題ありませんが(*´-`)