ボルボV40の8速ATギアトロニックはMTのようなATミッション

  • 2018年6月4日
  • 2018年7月28日
  • 性能
  • 908view
  • 0件
電光石火ではないシフトチェンジに味があるV40。日本製のトランスミッションとうまい制御で独特の味わいがあります。

写真提供 Designed by Freepik

V40のD4 T5のトランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ社、つまり日本製です。

このトランスミッションによって、40kgのトルクをエンジンから車輪に伝えているのですね。

さて、オートマチックトランスミッション(以降、AT)はエンジンと並んで車の性格を表す役目を担っています。

例えば、高級車は多段ATにしてシフトチェンジのショックを抑えたり、エンジンの伸び上がっていく音を演出したい車は段数は普通プラスアルファですが、直結制御やブリッピングを搭載したり、などですね。

スポンサーリンク

ボルボV40のシフトチェンジは?

ではV40のシフトチェンジはどうかと言うと、どちらかと言うとスポーツよりかな、と思います。

なぜかといえば、エンジンとタイヤの直結感が強く、シフトチェンジもマニュアルトランスミッション(MT)に似たような挙動だからです。

MTに似ているボルボのシフトチェンジ

ボルボV40シフトレバー

私はゆっくり発進が好きですので、アクセルは軽く踏むようにします。

すると、ゆるやかにエンジン音があがるのですが、もちろんシフトチェンジしますよね。

ここで、MTのようなエンジン音の挙動を示します。ATが「すべる」ような気配を一切見せません。

アクセルを緩やかに踏んでいるだけで、

①エンジン音が上がっていく ②シフトポイントに来る ③少しトルクが抜けてエンジン音が下がり半クラッチ状態になる ④即直結制御にうつる

という動きをしてくれます。

一緒に同乗している人は、きっと上手な運転のMT車に乗っていると勘違いすることでしょう。

ゆっくりアクセルを踏めば、ゆっくり丁寧なマニュアルトランスミッションのシフトチェンジのよう。

踏めば素早くシフトチェンジ

そんなかったるいシフトチェンジは嫌いだ、という方もいるかもしれません。

しかし、踏み込めば踏み込んだなりに、ある程度素早くシフトチェンジをしてくれます。

もともとシフトショックの少ない4速以降は、他メーカーの多段ATに遜色ないシフトチェンジを披露してくれるでしょう。

アクセルを踏み込めば、期待以上のシフトチェンジを披露。

慣れないと1速から2速へのシフトチェンジに少し悪い挙動がある

ここまでいい評価ですが、一言だけ注意点があります。

アクセルを緩く踏む人と、最初にがばっと踏む人は問題ありません。

アクセルを少し強めに踏んだ時、2速へ変わる時にしっかりトルクを抜かずにシフトチェンジしてしまう感じがします。

そして、3速へはまたすぐにシフトチェンジします。

なんとなく、最初に踏み込んだ分が勿体無い感じがしてしまいます。

アクセルワークは慣れることが必要です。もともとトルクが太いので、すこし踏めばスムーズに発進します。

ちょい強踏みはしないように、最初は緩やか、3速まで待って踏み込む、くらいが街中では快適です。

すこし踏みすぎると 2速へギクシャクしながらシフトチェンジ その後すぐに3速にシフトチェンジします。

直結制御と太いトルクで走る

坂道

写真提供Designed by Molostock / Freepik

MTのようなシフトチェンジ。つまりは、ほとんどを直結制御している、と言ってもいいでしょう。

そう、直結制御しているのですが、実はトルコンAT。以前はデュアルクラッチを採用していたボルボですが、またトルコンに戻ったのでした。

でも、これだけすぐ直結制御してくれるのなら、トルコンでいいと思います。いえ、デュアルクラッチでもトルコンでもなんでもいい。

今一番、自社で用意できて優れているものを搭載してくれればいい。

きっと、これが理由で燃費も稼げているのだと思います。

ボルボV40 D4やT5の、高トルクエンジンとの相性もよく、高速道路での再加速は気持ちいいの一言!

低い回転数からスムーズに上がっていく回転数、そして低回転だからといって妙なエンジンの揺れも発生させず、グイーンと伸び上がっていく感覚は、たまりません。

いつもはジェントルな顔して、実際には程度を超える加速ができる、一台で二度おいしい車に仕上がっています。

搭載している車両はV40では D4 T5だけ

V40 T2 T3は、6速ギアトロニックです。8速なのはディーゼル搭載のD4、ハイパフォーマンスエンジン搭載のT5。

車のエンジンを比べて、価格も一緒に比べることはありますが、トランスミッションの価格まで計算して選ぶ人は少ないでしょう。

もちろん、トランスミッションに魅力を感じて、価格差を考慮して購入判断する人もいると思います。

定価ベースですが、インスクリプションモデルで以下まとめましたので、購入検討の材料にしてくださると幸いです。

V40 T3V40 D4V40 T5
排気量1.5L2.0L2.0L
最大出力152ps190ps252ps
最大トルク25.540.835.7
トランスミッション6AT8AT8AT
価格414万円439万円455万円

きっと8速トランスミッションは、高トルク対応なのだと思います。

1.5Lでは8速も必要ないのでしょう。トルクも充分な数値です。(少なくとも、V50 2.4NAよりいい数値です。)

※2018年6月現在のデータです。車両は2016年モデル以降です。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG