ボルボV40 D4 静音性能を他の車と比べてみた

  • 2018年5月24日
  • 2018年9月29日
  • 比較
  • 97view
  • 0件
思ったよりエンジン音の入り込みの小さいV40 D4。ただしロードノイズは相当大きい。

この記事の内容を踏まえた、総集編があります。是非お立ち寄りください。

総集編はこちら。「ボルボV40 D4 静音性能を他の車と比べてみた」です。

 

ディーゼル車を選ぶときに悩むのが、車内に侵入するエンジン音やロードノイズ。

あまりに大きいと車内での会話が成り立たなくなる可能性もあります。

試乗でチェックできればいいのですが、欲しい車にウキウキ気分で試乗していると、チェックするのを忘れてしまうもの。

一番いいのは、数値で見ることですね。

今回は、そんな「音」の悩みを解決する、ボルボV40 D4 の静音性能をチェックしてみました。

スポンサーリンク

V40 D4 の静音性能を iPhoneアプリでチェックする

本来なら音量測定器でチェックするべきですが、わざわざ購入するほどでないし、この記事を見ている方に、比較のために音量測定器を買ってもらうわけにもいきません。

ですので、iPhone用アプリを使うことにしました。

iPhoneのスピーカーでのチェックですから、騒音計との差があるのは当然ですが、(iPhoneを持って入れば)みなさん同じ環境でチェックできますので、目安にはなるかと思います。

今回あげる数値を参考にして、今のご自分の車で計測して、どれくらいの静寂性か確認してみてくださいね。

使用したアプリはこちらです。

静寂性計測-アプリ

「Decibel X」

iPhoneを音量測定器にしてくれるアプリです。無料で使用できますが、肝心なところで広告が入ってなかなか使いづらい。

でも、すこし測定するだけですから問題ありませんね。

騒音の参考

まず参考として、比較的うるさそうな場所と比較的静かそうな場所で音量を測定してみました。

ディスカウントスーパー店内83.3db
4車線で交通量の多い幹線道路81.1db

iPhoneのDecibel Xで計測すると、こうだよ、という参考です。

ちなみにiPhoneは6Sです。では、計測本番です。

計測方法は車のシートに座り、手で持って計測しています。(運転時は助手席の人に計測していただいてます。)

仕事クルマ 日産AD 1.2L

街でよく見かける、バン車です。ウイングロードの安い版。

確か、カルロスゴーン社長が「この乗用車ベースのバンは作らない」とか言っておいて、一年後にでてきたバン車ですね。

CVT搭載車で、レギュラーガソリン仕様1200ccエンジンです。

エンジン音自体はシュイーンという音が特徴的。アクセルを強めに踏むと、グオーンという音に変化します。

その計測結果がこの通りです。

シチュエーション音量
アイドリング中64db
走行平均88db
最大音量94db

アイドリング中の64dbというのは、結構静かです。エンジンがかかっているな、というのはよくわかりますが、うるさいな、とは感じません。

それが走り出すと、88dbまで上がります。まぁ、バン車ですからね。うるさくて当然

アクセルを大きく踏んで、道路の突起にあたった時に、最大音量の94dbを計測しています。

日頃営業車で外回りをしていない人には、わかりにくいサンプルでしょう。ですので、次に行きます。

ディーゼルエンジン搭載路線バス

大型短尺路線バス、日野ブルーリボン。240馬力、トルクはなんと75kgfm!!

実力の4気筒クリーンディーゼル!とうたっています。

このバスのリア部で計測しました。

バスに慣れているからか、うるさいとは感じないです。昔のバスは車内放送が聞こえないくらいうるさかったのにな。

空間が広いので音も分散されている感じがします

シチュエーション音量
アイドリング78db
走行平均84db
最大音量88db

たぶん一番前の席に座って、乗客がたくさん乗っている状況ですと、もっと静かです。

大きいエンジンのアイドリングらしくブンブン音がなって音量は下がりませんが、アクセルが踏まれている状態でも音量があまりあがりませんでした。乗客に配慮したすばらしい車体ですね。

では、最後にボルボディーゼルにまいりましょう。

ボルボ V40 D4の静寂性

ボルボディーゼルは、190馬力、トルク40kgfm!おや、バスに乗りそうなくらいパワフル。こちらも4気筒クリーンディーゼルエンジンですね。

こんなエンジンが車重1600kgの車に搭載されているのですから、早いわな〜

アイドリングはバン車より大きめの70db。あまり気にはなりません。

走行平均は75db。ガラガラとディーゼル音は聞こえます。でも力強くて頼もしい。

最大音量は81dbですが、ロードノイズが大きく出たところです。エンジンの音ではありませんね。

なお、アイドリングストップ作動時は49dbです。アイドリングストップ中にある突起は、ワイパー。

計測時に雨が降っていて、間欠ワイパーが作動していました。

さて、ディーゼル音が大きいとわかるのが、アクセルから足を離したとき。

このグラフだとアイドリングが長く計測されているように見えますが、実はアクセルオフの慣性運転が含まれています。

このオレンジ色のマルです。

ボルボV40 D4はアクセルオフやエンジン負荷が低い時は、エンジン音はほとんど消滅します

もちろん、遠くでガラガラ音はします。でも、言うほどうるさくない。

この音を計測したとき、路面の状況が良かったのでほぼアイドリング時と変わらない音量でした。

シチュエーション音量
アイドリング70db
走行平均75db
最大音量81db

結果、アイドリングはガソリンエンジン車より、かなり大きい音なのだとわかります。

ですが、遮音材などの結果だと思いますが、最大音量はうるさいスーパー程度。走行音もソコソコ。

プリウスタクシーや高級車タクシーにのったら、計測してみようと思います。

実際にボルボV40 D4に乗って静音性能で感じること

ここは私の感覚ですが、少し負荷がかかっている低速時が一番うるさいです。

厚い低音が響いて、うるさいなと感じました。

ただ納車から1年半近く経ち、音が小さくなったのか、または慣れたのか、気にならなくなりました。

実際、必ず音楽が鳴っていますので、エンジンがうるさいなとは感じにくいでしょう。

また、高速道路走行時はとても静かです。むしろロードノイズがうるさい。

タイヤを変えれば音は静かになると思います。まぁ、新車で購入した場合はタイヤがすり減りまで交換しませんけれども。

しかし、音の処理については隅々までよく作ってあるのは間違いありません。

エンジン音もカッコいいので、多少鳴ってもいいと感じますよ。

ちなみに、V50よりはうるさいです。ですので、V40やV60のD4モデルを考えている方は、静音性能は必ず気にするといいと思います。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG