XC60 不誠実な小変更と価格改定に不満を漏らす エッセイ風

ボルボXC60が小規模変更と価格改定。本当の小規模変更ではない可能性の方が高そうです。

朝の我が家は電子音が騒がしい。

なぜかと言われれば簡単なことで、家族各々が自分の好きな音楽でアラーム音が鳴るから。

しかも、それで起きないからタチが悪い。携帯目覚ましは少なくとも4回は鳴るのです。自分の働いた給料が、朝の無常な電子音に変わっている様はとても寂しいし、そんなことで怒る自分も、寂しいと感じます。

ボルボXC60が仕様変更だと言います。ですが、どうしたことかマイルドハイブリッドの追加があるわけでもなく、価格だけが上がっているようにしか見えない。なんとも寂しい小変更でははないでしょうか。

スポンサーリンク

2019年3月27日 ボルボXC60一部仕様変更

ボルボXC60は一部仕様変更と価格の見直しを行いました。

発表されたプレスリリース(https://www.vcj-press.jp)の内容は、以下の通りです。

 

  • クロス・トラフィック・アラートに、衝突回避と被害軽減ブレーキ機能を搭載
  • パイロット・アシストへ機能解除をステアリングの微振動で知らせる機能を追加
  • R-Designの意匠変更
  • 5年間の走行距離制限なしの一般保証制度
  • 15万円〜25万円の値上げ

 

安全装置の機能アップは大変良いことと感じます。どこまでも突き抜けて安全街道をひた走って欲しい。

一方で最近、小変更の度に無常な値上げが続くボルボ。顧客を選びたいのか原価が上がっているのかわかりませんが、ディーゼルの一件といいユーザー目線の不在は健在のようですね。

一方的な値上げの予感

出典:VOLVO Cars UK / https://www.volvocars.com/uk

前回の小変更は、2018年8月15日に実施されました。

この際、テイラーダッシュボードなどのオプションがInscriptionへ標準化など、豪華さをあげる措置があるいっぽう、ディーゼルがAdBlue対応になったりと堅実なモデルチェンジも行われています。

と言うことは、前回の小変更から7ヶ月しかたっておらず、クルマの仕様変更なのか、値上げしたいから理由をつけただけなのか、という点が気になります。

実際、2020年モデルのXC60には確実に装備されるマイルドハイブリッドが今回のラインナップに入っていない(最初は5月のXC90からなので、搭載されるわけがない)ところを見れば、小変更の下の微細変更に過ぎません。

いや、小細工変更か?

なお、デジタルカタログは2019年モデルも見れなくなっており、夏までおあずけになる可能性もあります。

(どうしてもカタログが見たいかたはこちら”MY2019 XC60 カタログ”をクリックです。)

 

2019年モデル今回の改定
XC60 T5 AWD Momentum5,990,000円6,140,000円
XC60 D4 AWD Momentum6,290,000円6,440,000円
XC60 D4 R-Design6,790,000円6,940,000円
XC60 T5 AWD Inscription6,940,000円7,090,000円
XC60 T6 AWD R-Design7,240,000円7,390,000円
XC60 D4 AWD Inscription7,240,000円7,390,000円
XC60 T8 TwinEngine AWD Inscription8,990,000円9,240,000円

2017年に日本に登場した時、XC60 D4 AWD Momentumは5,990,000円でしたから、すでに45万円が上乗せされています。

今回の価格アップは、安全装備の機能アップと一般保証制度の延長にあてられていると見られますが、オプション装備を強制しているようにしか見えません。

海外サイトでも2020年モデルは未発表

真っ先に発表されると考えられるスウェーデン、イギリスでは、まだまだ2019年モデルとしてカタログが掲載されています。

すると、日本だけが簡単な装備変更で、小規模変更っぽいアピールをしているようですね。

プレスリリースの画像には「MY20」と記載されているので、日本での2020年モデルがこれなのか?と疑問に思います。

日本だけ先に、2020年モデル発表。。。?いや、ありえないでしょう。

一応、各日本のメディアではR-Designの意匠変更について、画像を公開しています。今回の目玉はR-Designのデザイン変更だけのようですね。

これはもしや、今年はXC60にマイルドハイブリッドを投入しないつもりじゃあ?

VCJのプレスリリースに、マイルドハイブリッドの発表は載っていないのです。

XC60 2019から2020年モデルへの変更点

出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

しかしこれでは、この記事がとってもつまらない内容を伝えるに過ぎない、あくびの時間を提供しただけになってしまいます。

あくびは寝起きと昼食後だけで十分。

そこで、MY2020はどのようなXC60になるのか。海外サイトから拾ってきた情報をお伝えしますよ!

エンジン拡充!XC60 MY2020は搭載エンジンが増加

クルマといえばエンジンでしょう。

XC60は2017年発表なので、3年目。いまだに納車半年待ちだというから驚きですが、それでもしっかりテコ入れしてきます。

既報の通りマイルドハイブリッドが搭載されるのですが、それと同じくらい嬉しいエンジン追加も計画されています。それは。。。

XC60 T4 追加

そうです、エントリー用エンジンを搭載。とはいっても、190ps/30kgmを発揮する優良エンジンです。このエンジンはXC40にしか搭載されていなかったので、ここでSPAプラットフォーム初搭載となりそう。

ボルボは昔から、エントリーエンジンは後出しする事もしばしばありました。このテコ入れにより、価格の低いモデルの発表も考えられます。

するとXC40の上位モデルと価格が被りそう。そこで今のうちにXC60の全体価格を上げておこう。ボルボさん、こういう考えですね?(ニヤリ)

なお、エンジン単体での差額は、XC40 T4とT5で50万円差!もしも日本へ導入されれば、5,640,000円というプライスが実現するかもしれませんね!!

他にもマイルドハイブリッドディーゼルのB4 B5の搭載で、本当の2020年モデルはとってもハッピーな予感がします(^^)

ポールスターバージョン発表か!?

もうひとつ気になるのは、Polestar Engineeredの記載。

ポールスターチューニングのモンスターを計画中のようです。しかもこれ、TwinEngine仕様なんですよね(^^;)

結果、最高出力は

405ps

つまり、高パフォーマンスプラグインハイブリッド車というわけです。おかしいよこのスペック。

405psまでくれば、レクサスもタジタジに違いありません。おとなしい顔をした、かっとびボルボが欲しい方は、(たぶん1000万円は超えるけど)待ちがいいかもしれません!

ただし、重いので 0km〜100km のフル加速計測時間は5.4秒。T6が5.5秒なのを考えればXC60中最強は確かですが、それよりは最強なのにエコロジーというキャラクターにクラクラきてしまいますね〜

世界とフェーズを合わせて欲しい

値上げが目的なのか。。。早々と2020年モデルとして発売したいのか。

大リーグの開幕戦を日本でやる。。。みたいなことは、自動車メーカーとしては必要なく、堅実な情報をしっかりと伝えて欲しいですね。

ちなみに、日本では未導入だったXC60 D5は、2019年モデルで最後。2020年にはXC60 B5というモデルへ変化。ということは、XC60 D4はXC60 B4に変化?と思いきや、D4ディーゼルは残るようです。

ディーゼル嫌い嫌い病のVCJがどのような戦略でマイルドハイブリッドを投入してくるのか、というのを考えるのも楽しいです。

とにかく、今回の小変更が2020年モデルへの小変更でない事を祈りましょう!

最後にちょっと辛口な後書き

こちらは「後書き」です。座談会でもよかったのですが、全ての読者様が座談会好きとも限りませんので(^^0)

V60 CrossCountry は発売前に発表、まあ新モデルだから仕方ない。

XC40 MY2020も発売前に発表、まあ売れ筋もでるだから仕方ない。

XC60 MY2020?はいきなり発表で価格もかなり上昇。一体何故なのか。

これは完全に後ろめたさ。だっていきなり15万円アップですよ?しかも消費税アップで駆け込み需要があるこの時期に、まさかの値上げです。

正直、これはどうだろうって思いましたね。欲しい人は買うわけです。買える予算のある人は買うわけですよ。

そして、消費税増税の前に納車まで終わらせて欲しいと願うわけです。だから、買っちゃえ!といって買っちゃえる。

そこに目をつけて、足元見て値上げをしているんじゃないの?そう勘ぐられてもおかしくない。

 

だから、プライスリストも引っ込めてしまった。だから軽く発表。

 

正直言って、せこいですよ、ボルボさん。いえ、VCJさん。そう思われたくないのなら、8月9月で本当のマイナーチェンジをすれば良いだけのこと。

こんなことではなく、もっと日本全国のボルボファンが歓迎するような戦略を、VCJにはしっかり考えて欲しいのもです。

リセールやらなんやらは、ユーザーが考えればいいんですよ。

と思って、朝日の見えない曇った空を眺めながら、コーヒーを飲む私。XC60、まだまだ雲の上の車だなあ、なんて思いながら、今朝もボルボを買うためにブログの更新。

ほんと、ボルボさんに踊らされています。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG