ボルボXC40とV40 いいところ対決してみた

最新モデルXC40はさすがの評価。でもV40も頑張ってます。

ボルボXC40は日本発売とほぼ同時に、今年度分が売り切れてしまいました。

ただ、来年度に購入できるように、ディーラーでは試乗ができます。

この度、ボルボXC40の試乗が叶いましたので、所有しているV40とどの程度違うのか、どちらがいいのか、対決方式で決着つけてみました。

勝負する項目は次の通りです。

デザイン

乗り心地

エンジン性能

内装の使い勝手

後席の居住性

前席の居住性

荷物の積載性

ではいってみましょう。VOLVO XC40 VS V40 七番勝負!

スポンサーリンク

XC40とV40 デザインはどちらがいい?

いきなり感性の問題である、デザイン。見た目で決めればいいのですが・・・

V40は一言「エレガント」なデザイン

ボルボV40リア扉

V40は「アーバンショートワゴン」とボルボが言う通り、普通のハッチバックより少し長く伸びる印象のデザイン。

その形は逸品で、登場当時車雑誌では大絶賛。魅力を感じて購入する人も増え、いまやボルボで一番売れている車です。

特に印象的なのは、特徴的なテールランプ。

ショルダーラインをリアまで回り込ませてボリューム感を出したと思いきや、リアのハッチでスッキリ処理をしています。

サイドから見た時、窓がリアに向かって上がっていくデザインになっています。この車にはこれしかないだろうな、というデザインです。

その代わり、後席は囲まれ感が強くなり外も見づらくなってしまっていました。

運転席も、駐車するときに路面にひかれたラインに合わず、まっすぐ止められないこともしばしばです。

XC40はツール的で泥が似合うのに都会的

ボルボXC40全体像

一方XC40は、無骨までは行かないもののSUVっぽさが出ています。

凹凸はあるもののプレーンな印象で、下回りは傷がついても気にならない素材でできています。

リアは同じシリーズである印象を大事にしており、多少直線的な処理に近づけていますが似ています。

サイドラインも路面に対して平行に処理されているので、車内も明るく、運転もしやすいでしょう。

デザインはどちらがいい?

正直、好みの問題ですが、ボルボ最先端のデザインを感じたいならXC40でしょう。

フロントのデザインはどちらもよく、V40も後期型ならボンネット端の緩やかなカーブや「トールハンマー」デザインのヘッドライトと、ボルボの一員を示すデザインが散りばめられています。

V40のリアにむかって上がっていくショルダーラインも、どこをどう変えれば路面と平行になるのか、と考える事に意味はないな、と素直に考えられる逸品デザインです。

VOLVO XC40VOLVO V40
デザイン★★★★★★★★★

XC40とV40 乗り心地はどちらがいい?

比較モデルにより変わるかもしれません。今回の比較対象車は、XC40 T5 R Designと、V40 D4 Momentumです。

しなやかに動くV40

まず、V40 D4はフロントが重いです。ガソリンエンジン搭載車より、フロントが60kg重いのです。

そこを踏まえても、V40はサスペンションがよく動きますが、日本車の標準車よりは固めなセッティングです。

細かい凸凹はボディに伝えず、どっしり走る印象で、大きめな入力がはいっても一回で揺れを収束します。

車高の高さを感じさせないXC40

V40より車重が100kg以上重いXC40でも、乗り味はV40とそれほど変わりません。

車高が高いのに、よくもここまで似たようなテイストに仕上げたな、という印象です。

多少ピッチを感じる事はありましたが、気持ち悪くなったりしません。

試乗車は車重が重くなり、乗り心地に悪影響を与えるガラスルーフ付きでしたが、不快感はまったくなし。

乗り心地はどちらがいい?

正直どちらも高次元の乗り心地です。しかし、どちらかに軍配を上げなくてはならないとしたら、車高の低いV40でしょう。

ピッチ感が少なく、サスペンションがよく仕事をするV40は快適の一言。

VOLVO XC40VOLVO V40
乗り心地★★★★★★★★★

XC40とV40 エンジン性能はどちらがいい?

エンジン性能、一緒ですよね。同じDrive-eエンジンを搭載しています。

なので甲乙つけられないのですが、実はXC40には、力強さと燃費を両立する「D4」モデルがありません。

(2018年5月現在。日本販売分のみ。2018年9月、V60以下のモデルにはディーゼル搭載モデルは導入しないとコメントあり。)

ボルボV40 D4は、1.5トンの車重には似合わない、トルク40.8kgを叩き出すディーゼルターボもでる「D4」があります。

車重のあるXC40にこそ、似合うエンジンだと思うのですけどね。XC60には搭載されているわけだし。

という事で、エンジン対決はV40の勝ちです。

ちなみに今回試乗した、XC40 T5は、V40にも搭載されている高性能ガソリンエンジンですが、最高出力252ps、最大トルク35.7kgの性能はXC40の方だけ。

V40は、最高出力245ps。馬力は落ちますが、最大トルクはXC40が1800rpmから発揮するのに対して、V40は1500rpmから発揮します。

どちらがいいか、とは言えませんが、V40はジェントルマンっぽさを、XC40は気持ちよさを出そうとしているのかもしれません。

今回の試乗で言えば、やはりV40 D4のほうが力強い加速感を感じさせてくれました。

VOLVO XC40VOLVO V40
エンジン性能★★★★★★★★★

XC40とV40 車内の使い勝手はどちらがいい?

これはあきらかに、サイズの大きいXC40に軍配があがります。

V40は乗用車的ですから、キャビンに荷物を置くスペースがありません。

対してXC40は、ドアポケットは大きいし後席も広い。荷物の置き場に困りません。

XC40はゴミ箱を搭載!

XC40ゴミ箱

そして特筆なのは、標準装備としてある「ゴミ箱」。

なんで今までの車にはなかったのでしょう。

小さなゴミを捨てる場所、必要ですよね?高級車でシフトノブに袋をかけるとか、ありえませんよね?

じゃぁ小さなゴミ箱を買おうか?内装とのマッチ感を調整するのが大変ですよね!

ボルボXC40には、ゴミ箱があります。これは素晴らしい。

XC40はエアコンの排出口が後席にある!

ありそうでなかった、40や50シリーズのエアコン排出口。

これがXC40にはあります。車内の使い勝手はXC40が大きくV40からリードを奪います。

VOLVO XC40VOLVO V40
車内の使い勝手★★★★★★

XC40とV40 後席の居住性はどちらがいい?

ここはファミリーカーとして使うときに重要視する項目です。

パーソナルユースでは、多少機能を犠牲にしても、デザインを優先するべきです。

そのような意味では、スペシャリティ感のあるV40において、まあまあの居住スペースが確保されているのは特筆モノです。

V40は大人4人が普通に乗れる

ボルボV40リアシート

そもそも、ボルボ車というのは後席の居住性をあまり改善してこなかったと思います。

なぜかと言うと、どちらかと言えば荷室が優先だからです。

例えば、V40とV60は、意外と後席居住性は同等です。

確かにシートの座り心地はV60が勝るのですが、前のシートとのスペースはあまり変わりありませんでした。

170cmの男性で、膝でコブシが2つは入るスペースを確保しています。

XC40は大人4人が余裕で乗れる

XC40リアシート

対してXC40はこのあたりが大きく改善されていて、後席居住性は大幅アップ。

コブシの計算どころか、170cmの大人がしっかり足を伸ばすことができます。

やはり単純に居住性を考えた場合、XC40が大きさを優位につかっていることは否めません。

VOLVO XC40VOLVO V40
後席居住性★★★★★★★

XC40とV40 前席の居住性はどちらがいい?

後席のながれで考えた場合、前席の居住性もXC40が優っているように感じるでしょう。

ところが、ここはV40が優っていると感じます。

頭の上のスペース、横のスペースは、XC40もV40も意外と同じくらいです。

それ以外で考えると、シートの出来になります。

乗り比べるとわかりますが、XC40のシートはV40のシートに比べると、ふともも近辺のホールド感が少し弱いと感じます。

車高の高い車ですから、乗り降りのしやすさを優先で考えて、このホールド感を弱くしたのかもしれません。

代わりかどうかわかりませんが、腰のあたりのホールド感が高いです。

しかし最終的には、V40のシートのほうが座り心地、大きさを含めて少し大きいように感じます。

ゆったり快適に座れるV40。すばらしい前席居住性です。

VOLVO XC40VOLVO V40
前席居住性★★★★★★★★★

XC40とV40 荷物の積載性はどちらがいい?

XC40荷室

こちらは触るとわかりますが、XC40が圧倒しています。

まず、荷室とテールゲートの下端部の高さが同じなのが、XC40の良いところ。

ここが同じ高さか違う高さで、荷物の出し入れのしやすさが大きくちがいます。

V40は少しくぼんでいます。この少しのくぼみが、荷物の出し入れを辛くしています。

28本入りワインセラーが積載できるのV40も、たいしたものですが、間口が大きく荷室のデザインの良さでXC40が優っています。

VOLVO XC40VOLVO V40
荷室の積載性★★★★★★★★

まとめ

ほとんど私が勝手に考えた、重要だなと思う項目の勝負7連発でした。

では総合スコアはどうなっているか、確認してみましょう。

VOLVO XC40VOLVO V40
デザイン★★★★★★★★★
乗り心地★★★★★★★★★
エンジン性能★★★★★★★★★
車内の使い勝手★★★★★★
後席移住性★★★★★★★
前席移住性★★★★★★★★★
荷室の居住性★★★★★★★★
合計★30個★27個

結果、XC40がV40よりも★の数で3つ追加されました。

若干ストイックな味付けとなるV40に比べ、XC40は満遍なく高く評価できる、と思います。

XC40を購入できるのは来年になりますが、いまから、少しでもほしいという方はお近くのディーラーへいくのがいいですよ。

1年間V40を乗り、その後XC40に乗れる、というキャンペーンを実施しています。

ですが、このプランはできるだけ早く現行車両を手に入れたい人の為の制度ですから、追加モデルを選べません。

時間をたっぷりかけられる方は、このWEBサイトやインターネットを巡回して、より良い車選びを行いましょう。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG