ボルボXC40が欲しい!XC40が欲しくなる14の理由

一瞬で売れてしまった、ボルボXC40。

なにも見ずに買うのは、正直どうかと思いますが、その判断は正しかったかも。

試乗した際にいろいろ写真を撮ってきましたが、見れば見るほど欲しくなる。

試乗する機会があれば、ぜひ色々なところを見てみてください。

それでは、見ると欲しくなる写真オンパレード、いきまーす。

スポンサーリンク

ボルボXC40 最新式コックピットのある前席

XC40コックピット

2眼式タコメーター

写真では少しわかりづらいですが、フル液晶スクリーンに表示されます。

9インチタッチスクリーン式センターディスプレイ

一番感動したのは、360°ビューカメラの映像がここに表示されたこと。車の周りに死角なし!

このビューカメラ、XC40に標準搭載。安全装備の1つになっています。さすがボルボ。

ワイヤレス スマートフォンチャージ

シフトノブのタッチスクリーン側。ここにワイヤレス充電対応スマートフォンを置くと、充電ができちゃう。

基本的にはメーカーオプション。

フルオートエアーコンディショナー

調節ノブが挑戦的すぎ。見慣れれば問題ないでしょうけれども。

電子制御サイドブレーキ

サイドブレーキのレバー、ついていません。シフトノブをちょんと手前に引いて、Dモードに入れればオーケー。

ボルボ特有の、助手席側についているサイドブレーキレバーともおさらばです!

大容量ドアポケット

XC40ドアポケット

ボルボのデザインは、フローティングコンソールパネルといって、コンソールパネルが浮き上がるデザインでした。

その浮き上がった下に、小物入れがあったのですが、今回それは廃止。

代わりはドアポケット。ものすごく大きくて使いやすそう!ちいさなカバンもしっかりと入ります。

ゴミ箱

XC40ゴミ箱

純正ゴミ箱。車で困るポイントのトップ3に入るであろう、「ゴミ箱どうしよう、コンビニの袋にする?」問題を解消します。

ゴミ箱、あると、美しいですね。でもMomentum以上な気がします。どの装備なのか、プライスリストからわかりません。

Harman/Kardonピュアオーディオ

XC40ドアスピーカー

メーカー希望価格 100,000円。ものすごく高級なオーディオでないあたりがいいですね。

600W 13スピーカーもほどほど。小ぶりな体にナイスマッチ。だと思います。実際に聞けていないので。

ちなみにV90クラスだと、Bowers&Wilkins 1400W 19スピーカー。多すぎ!

腰をしっかりサポートのフロントシート

XC40フロントシート

腰のあたりを支えるサポートがしっかりついていますが、太ももを支えるサポーターは控えめ。

よく言えば、とても乗り降りしやすい。悪く言えば、サポート足りない。

フロントシートの乗り心地は、V40などの車高の低い車の方が良いようです。が、

そんなに気にならないだろうな、と思います。XC40でスポーツ走行、そうそうしないでしょ。

ボルボXC40 広さはV60以上の後席

見た目重要 リアシート

XC40リアシート

しっかりホールドするようなシートではありません。

ですがその分、動きやすさや開放感がありますね。

なんとなく、しっかり座らせてシートベルトでしっかりホールドしたがりそうな、ボルボの作るシートじゃない、と思います。

が、実は私も乗っていないので正直わかりません。白いステッチが素敵です。

V60より広々リアの足元空間

XC40リアシート

身長170cmの大人が、前の席の下に足をいれれば、しっかり足を伸ばせる贅沢空間。

子供が大きくなりつつある私にとって、この広さは魅力的。

エアコン吹き出し口もリアにしっかりある。すばらしい。(Momentum以上に標準装備)

エクステリア

かわいいブルドックのフロントマスク

XC40フロント

造形美を感じずにはいられません。

特にヘッドライト上の造形。繊細さがありながら力強さもある。真似のできない素晴らしさ。

下回りのモール処理

ボルボXC40全体像

そしてモールで処理された足回り。

V50 Aktivに乗っていた私にとって、このモールはとっても嬉しいデザインです。

ただ、写真を見ていると、すこしうるさいデザインだな、と思うところがあります。それはドアーの凹んだデザイン。

ここまで彫り込まなくったって、と思います。とは言え、この写真を撮った時は光が強くてハイコントラストになってしまっています。

みなさん、ショールームで見てくださいね。

大開口のリアゲート

XC40荷室

荷室とバンパーに高さの差がなく、とても荷物が詰めやすそう。

V50の時もこの処理がされていて、随分助かりました。

そして、この荷室の下にもう少し、荷物が入る空間があります。あまり使わないものを入れておけていいですね。

まとめ

見れば見るほど欲しくなるXC40。来年の入荷はいつになるのか。

V40に比べると細かいユーティリティの性能があがっていて、思わず内装だけで欲しくなる。

強いて、ですよ。強いて、悪いところを出すとしたら!

T5 の燃費 12.4km/L !!(JC08モード)

T5 252psなのですが、そこまでのハイパワーはいらないでしょう。T4や、いつかでるかな?D4を狙いたいところですね。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG