ボルボV40 T3 vs D4 どちらのモデルがベストバイ?

  • 2018年7月12日
  • 2018年9月14日
  • 比較
  • 241view
  • 0件

プレミアムカーが欲しければT3 Inscription。

高性能カーが欲しければD4(MomentumもInscriptionもOK)

モデル末期に入ってきたボルボV40。

それでも味が濃くって魅力たっぷりのV40に、夏のボーナスあたりで触手が動く人も多いのでは?

さて、ボルボV40はT2〜T5のガソリンエンジン群、D4のディーゼルエンジンから選べます。

この中でガッチリ競合するのが、T3とD4。どちらを選ぶのがベターなのでしょうか。

試乗した経験をもとに話すとこの2台、結構違う車ですよ。

スポンサーリンク

価格差を認識してみよう

お金のイメージ

うまくクロスするように設定されたV40の価格。

多分この表のモデルが迷うのではないでしょうか。

モデル価格(かっこ内は価格差)
V40 T3 Momentum3,840,000
V40 D4 Momentum4,090,000(+250,000)
V40 T3 Inscription4,140,000(+50,000)
V40 D4 Inscription4,390,000(+250,000)

中間装備のクリーンディーゼル、D4か、

豪華装備のダウンサイジングターボ、T3か。

この2つのモデル、5万円しか差がありません。

T3 MomentumとD4 Momentumは、エンジンにもお金をかけたいかどうか、の話。

D4 MomentumとT3 Inscriptionは、どちらが同じ価格帯で満足するか、という話。

そう簡単には決められません。

V40 MomentumとInscriptionの差は?

V40のリアシートからの眺め

主要装備でこれだけ違います。

これが25万円の価格差です。

MomentumInscription
助手席8ウェイパワーシート
フロントシートヒーターオプション
T-TECテキスタイルシート
本革シート
180W 8スピーカーオーディオ
650W 10スピーカーオーディオオプション
専用フロントグリル
サイドウィンド クロームトリム

圧倒的に、いい装備に包まれるInscription。

本革シートと650Wオーディオで、充分に価格差を埋められていそうです。

Momentumで積極的になれるのが、「T-TECテキスタイルコンビネーション」のシートです。

こいつはとってもかっこいい。本革なんて目じゃないですね。

詳しくはこちらの記事「ボルボV40 MomentumのT-TEC/テキスタイルコンビネーションはどんなシート?」で案内しています。併せて読むとわかりやすいですよ。

エンジンの差は車の性格の違いまで表している

ギアボックス

ここで、車を選ぶ時に何を大事にするか、という価値観の違いが現れます。

なにはともあれハイパワーなら、ディーゼルターボのD4で決まりだし、軽やかに走りたいならT3でよいでしょう。

と、口で言うのは簡単です。実際、かなり違う性格ですからどちらも試乗してから決めるといいですよ。

悩んで悩んで、検索してここまで来てくださった方々の為に、T3とD4とでどの程度乗り味がかわるのか、解説していきます。

軽やかなT3も濃厚なD4も魅力がある

エンジンパワーの出力だけなら、D4は圧倒します。

そもそも、V40シリーズで一番トルクが大きい。高回転まで回さないなら、D4は最高。

ボルボV40 D4のエンジン「D4204T」

D4のバッチ

まず、重いのが特徴。T3とD4で比べたとき、D4は60kgも重いのです。

その分フロントがどっしりしていて、安定性があるのも事実です。

直線道路での途方も無い安心感はすばらしい!これぞグランドツアラー。

そして、高速道路だけなら25km/L走る高燃費。

エンジン音がうるさいとか言うけれど、速度が上がれば気にならない。

エンジン音については、「ボルボV40 D4 静音性能を他の車と比べてみた 総集編」で詳しく解説しています。

そして重要な点がもう1つ。

トランスミッションが8段!

車の楽しみってなあに?それはパワーとシフトチェンジ!

エンジン音が上がってはさがり、また上がってはまた下がり、の回数がT3に比べて、2回多いのです。

しかも変速比が近いのでシフトチェンジのショックも少ない。楽しくって同乗者にも優しい。これがD4です。

圧倒的な動力性能を優先するならD4

ボルボV40 T3のエンジン「B4154T」

パワーはD4に劣るけれど、それでも150psを発揮するT3用ターボエンジン。

最大トルクが1700rpm〜4000rpmまで続く、使いやすいフラットトルクが好印象。

そして、シルキーなエンジン音。フロントの先の方で、ささやくように回転する、なんとも奥ゆかしいエンジン。

特筆は、曲がりやすいハンドリング。かるーく攻めても破城しない、アンダーステア傾向が強いD4に対して、T3はニュートラルステア。

しっかりとした車つくりが体感できます。

ATは6速に格下げ(?)だけれど、そもそもトルク特性がいいので気にならない。

エンジン回転数を引っ張って楽しむこともできるでしょう。

60kgも軽くなったフロント、というか、標準状態のV40は、おおきなデコボコをうまくサスペンションで吸収してくれます。

車の揺れ方や曲がる姿勢は、先代V50に酷似していました。フロントはキビキビ方向をかえるけれど、全体的にサスペンションが効いておっとりめな乗り心地。

街中や山道では、あきらかにT3が乗りやすいです。ボルボはプレミアムカーだなと実感するのは、むしろT3のほうかも。

そして、1.5Lエンジンであるという事。税金が安くなりますね。

軽やかさを優先したいならT3

エンジン性能の差を確認

ボルボV40のT3とD4の差を見てみましょう。

T3D4
排気量1.5L2.0L
出力152ps190ps
トルク25.5kg/1,700-4,00rpm40.8kg/1,750-2,500rpm
車重1,480kg1,540kg
トランスミッション6速A/T8速A/T
燃料ハイオク軽油
燃費16.5km/L20.0km/L

T3は、1.5Lで152PSを達成。ターボでチューニングされて2.5L並みのトルクを手に入れて、俊敏な性能を持っています。

対してD4は爆速。高速道路でも上が見えない動力性能。

8速ATをあえて封印して、ぐぐっとアクセルを踏み込んでいっても、シフトを変えないで加速して行くのはD4でしか体験できません。

どちらのモデルがベストバイ?

V40のリアと夕日

誰にでも楽に運転できるバランスはT3の大きな魅力。

静かなエンジンと合間って、T3はInscriptionがよく似合います。

軽やかなフットワーク、すばらしいスタイル、高級オーディオ。T3はInscriptionを選べば、プレミアムカーに乗っている実感をより強く感じることでしょう。

私の意見としては、より玄人好みなのはT3かなと感じます。

対してD4は、主役はディーゼルエンジンです。

快適性はT3もD4も同じだとして、ディーゼルエンジンは高速道路を力強く淡々と走れます。

追い抜き加速もとっても楽チン。D4は4リッター並みのトルク、これが魅力すぎ。

しかも燃費が良いクリーンエンジン。エンジンの満足度が高すぎる。

それなのにV40 D4ははAudiやBMWのように動力性能を表に出さない。能ある鷹は爪を隠すテイストが所有する幸せを感じさせてくれます。

ですので、MomentumでもInscriptionでも、どちらを選んでもいいでしょう。

Inscriptionほど豪華な装備にしなくても、充分に満足できるでしょう。

もう、史上最高のエンジンにこだわりたい!というならD4しかないでしょう。

パフォーマンスパッケージであとから性能をオンできるのもいいですね!

結果、よりファッションとして乗れるプレミアムカーを感じたいならV40 T3 Inscription。

動力性能のこだわりが捨てきれず、隠れた高性能を手にしたいなら、V40 D4という選択がベストですね!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG