年収400万円でボルボ!XC40やV40はスマボ?ローン?

複数のV40 購入情報
ローン、駐車場、保険料込み込み67,000円の支払いをプランを実現します。

あなたは年収400万円ですか?それ以上?それ以下?

私は結婚当時、年収300万円でした。ものすごくギリギリの生活を送っていましたね。

でも、年収300万円でも、暮らせたんです。

ならば、年収400万円あれば、差額の100万円をつかって、うひひボルボ買えるじゃん!

って、それって本当か!?という自分へのツッコミを、具体的な金額に直したものがこの記事です。

割賦の審査が通るとか通らないとかは別として、年収400万円でボルボにのれるか、検証してみます。

年収400万円にボルボって贅沢じゃない?

V40左サイド

まず先に、なぜこのような記事なのか簡単にお話しします。

ボルボは安全装備や歩行者保護装備がついています。

これから光り輝く将来のある20代、子供の大事な30代、すこし運転能力の落ちる40代、誤操作が怖い60代、こういう方々に是非ともボルボに乗って欲しい。

安全装備が充実しているボルボ。価格に見合った価値があります。

運転に伴う将来不安も、きっと取り除けます!

実質手取り額はいくら?

まず、年収差額400万円って、手取りでいったいどれくらいなのでしょう。

これはざっくりですが、約8かけくらいと思えばいいです。

ですので、手取り額は320万円、ですね。

 

手取りが320万円で、ボーナスが2回にわかれて出るとすれば?

仮にボーナスの手取りが、夏冬あわせて60万円だったとします。

320-60=260万円を、12分割すると21.6万円。一月あたりの手取りが21.6万円、というところまできました。

年収400万円の手取り額は年間320万円と仮定

ボルボにかけられるお金

ちなみに、冒頭で話した通り、年収300万円時代から400万円にあがったときの、差額100万円を原資にしたい、という目標があります。

年収100万円ですから、手取りで80万円分と考えて、年間80万円まで車にかけられる、という目標にします。

このうち任意保険を加味して、駐車場の賃貸料金も加味して、任意保険+駐車場が25,000円だとします。

25,000円が12回で1年分=30万円かかりますので、年間ローン目標50万円、となりました。

年間総支払額を80万円に設定

スポンサーリンク

XC40とV40のモデルをチョイス

次にボルボの計算です。

狙うのはXC40とV40。グレードは不満の無い様に、以下のモデルです。

V40 T3 Momentum(384万円)

XC40 T4 Momentum(439万円)

なかなかの敷居の高さです。価格の敷居の高さを感じます。

ではざっと、購入価格を概算で計算しましょう。

V40 T3 Momentum XC40 T4 Momentum
本体価格 3,840,000 4,390,000
リサイクル料金 20,460 *20,440
自動車取得税(取得額の90%の3%) 96,000 109,000
自動車重量税 49,200 49,200
自賠責保険 36,780 36,780
自動車税 39,500 39,500
検査登録手続代行費用* 74,800 74,800
車庫証明手続代行費用* 10,800 10,800
希望番号手続費用* 5,400 5,400
検査登録* 3,000 3,000
車庫証明* 2,600 2,600
希望番号* 2,660 2,660
VSP Plus* 64,800 64,800
税込合計 4,246,000 4,808,980

(*マーク:概算費用です。また、XC40 T4のリサイクル料金は未発表です。青地は非課税、または税額です。

ここから、毎月の支払額を算出したいと思います。

スマボでの支払いシミュレーション

ここで、もし「スマボ」を使用したい方がいる場合のことを考察します。

スマボ=3年目、4年目新車入れ替え特約付きカーリース とボルボホームページに記載されています。

リースの注意点は後に譲るとして、上の額を「スマボ」で支払うとどうなるのか?

「スマボ」は実質年利1.9%でしたので、それで計算してみます。

V40 T3 Momentum XC40 T4 Momentum
税込合計 4,246,000 4,808,980
4年分 自動車税 158,000 158,000
合計 4,404,000 4,966,980
初回支払額(初回+2回目) 159,596 175,962
残り58回 76,900 86,800
車検費用* 200,000 200,000

さて、とんでもない金額になってしまいました。

これですと、目標の年間ローン50万円を大きく上回ります。ここに毎月の保険料、駐車場代もかかります。

V40 T3 Momentumのスマボは

リース代+駐車場+保険料 年間121万円

管理しやすいのがスマボのメリット

XC40フロント

「スマボ」のメリットは、支払額の均一化が一番にあげられるでしょう。

自動車税まで入っているので、他の負担は任意保険と車検のみ。

メンテナンス費は、ボルボサービスプログラム(VSP)と、4年目、5年目の保証延長 VSP Plusへの加入で賄うものと思われます。

ですのでマイナートラブルはリース期間中、支払いは必要ないと言えます。

自分のものにならないデメリットだらけのスマボ

対して、「スマボ」のデメリットです。これがとても大きい。

まず、頭金0円は、ウソと思っていいでしょう。確かに頭金、つまりディーラーに支払う額は0円です。

その代わり、初回の支払いは2ヶ月分です。つまり、頭金じゃないかと言いそうになるくらいの支払いが待っています。

また、一月の走行距離が750kmと決まっています。5年に直すと45,000km。長距離旅行を繰り返すとたぶん超えるでしょう。

さらに、リース期間満了時は車は返却です。これだけの額支払っておいて、悪い夢をみているようです。

 

特約を使って3年目で乗り換えるのも1つです。

しかしこの場合、次の車も「スマボ」で契約しなくてはなりません。

これは必ず「スマボ地獄」におちいることでしょう。

残価設定のこともうたってないし、このファイナンスプログラムには首を傾げてしまいます。

スマボの次はスマボでいくことになります

残価設定アクティブローンで購入する

ボルボには残価設定がある「アクティブローン」というファイナンスプログラムがあります。

残価設定してローンを組むことで、支払額を抑えることができる他、満了時は一括支払い、再度ローン、新車へ乗り換えの何れかが選べます。

5年でアクティブローンで組んでおいて、6年目を追加ローンにしてもいいです。そこまで支払えば、ボルボはあなたの物。

では計算してみましょう。

頭金は結局必要

ちなみに、購入になりますので値引き交渉ができます。

今回のプランから、それぞれ30万円値引きできた条件にします。

2018年6月現在、アクティブローン5年61回払いの実質年利は1.9%でした。

以下はボルボ公式ファイナンスシミュレーターを使っています。

(XC40はなかったので、同額のV40 D4 Inscriptionで計算しています。)

V40 T3 Momentum XC40 T4 Momentum
本体価格 3,840,000 4,390,000
リサイクル料 20,460 *20,440
VSP Plus 64,800 64,800
値引き 300,000 300,000
合計 3,625,260 4,175,240
登録諸費用(頭金) 320,740 333,740
設定残価 768,000 878,000
初回支払額 56,553 62,618
残り60回 51,100 59,000

この購入方法の注意点は、頭金が必要なこと。登録諸費用分は支払わないといけませんので、約33万円の頭金が必要です。

しかしこれで、V40 T3 Momentumが年間61万円まで下がってきました。

頭金と残価設定で V40 T3 Momentum 年間ローン+駐車場+保険料で

年間913,200

ボーナス併用で毎月の返済が楽に

もう少し具体的なプランにしていきましょう。

ボーナスが出る会社に居る前提、または、夫婦共働きで、半年に一度多く支払える分を蓄えられる環境を想定します。

ボーナス支払額を10万円、これを年に2回支払います。

V40 T3 Momentum XC40 T4 Momentum
合計 3,625,260 4,175,240
登録諸費用(頭金) 320,740 333,740
設定残価 768,000 878,000
初回支払額 35,932 47,918
残り60回 34,500 42,300
ボーナス支払い(10回) 1,000,000 1,000,000

ボーナスは1回10万円が10回で100万円支払う計算です。

年間支払額はボーナス併用無しと同じ、61万円。

V40なら、年間50万円まで届きそう。うーん、あと月1万円下げたいなあ・・

ここから先は交渉術!

実際に購入の相談するなら、ディーラーへ行くのがいいと思います。

特に今まで伝えたような金額感の場合、購入してくれるならもう少し値引きを増やしてあげよう、なんて営業さんが思うかもしれません。

年間50万円の目標まであと1万円なのですから、5年分だと60万円。

これ全部値引きしてって言ったら、合計90万円値引きなので絶対に無理(だと思う。)

保険料+駐車場代を厳選して、毎月5,000円を浮かせる考えで、ボーナス加算を10万円から13万円にします。

(つまり、目標を年間56万円に変更です。)

そしてこう言い放ちます。

ボーナスで3万円ずつ多く払って、60万円のうちの30万円は自分で支払う。あと30万円、なんとかして!

あと30万円なんとかなれば、買ってくれると思った営業さんは、きっとあなたの意思に応えていただけると思います。

最後ゴリ押しでボルボV40年間80万円

ここにさらに、毎年の自動車税39,500円が4回と、車検費用20万円、最終支払い後に清算せず乗り続ける場合、さらに車検費用20万円がかかってきます。

お金はかかります。しかし、ローンを支払い終わればあなたのボルボです。維持費だけの生活が始まるのです!

では、もし交渉がうまく言ったらを前提にして、最後の購入シミュレーションです。

なお、XC40は年間50万円は難しそうです。とほほ。。。

V40 T3 Momentum XC40 T4 Momentum
本体価格 3,840,000 4,390,000
リサイクル料 20,460 *20,440
VSP Plus 64,800 64,800
値引き 600,000 600,000
合計 3,325,260 3,875,240
登録諸費用(頭金) 320,740 333,740
設定残価 768,000 878,000
初回支払額 28,953 35,039
残り60回 24,200 32,100
ボーナス支払い(10回) 1,300,000 1,300,000

これでボルボV40 T3 Momentumが、年間550,400円で乗れるわけです。

保険料+駐車場代で240,000円かかったとしても、790,400円。目標の80万円以内に収まりました。

V40 T3 Momentumの年間支出額

790,400

XC40 T4 Momentumの年間支出額

885,200

手取り21.6万円で、月に車のローン24,200円、保険と駐車場で20,000円。計44,200円。

あと17万円、お手元に残っているかと思います。

17万円で結婚生活するって??

一人なら17万円で生活、できる気がします。

では、結婚していたらどうでしょう。

今の時代、なかなか17万円で夫婦生活は難しいでしょうね。

携帯電話は格安SIMにするとか、なんとかしないといけないですね。

ただ、共働きという選択肢もできます。稼ぐ手段はなんとでもなります。

パート代の手取り5万円があり、一月22万円で生活できるなら。

 

内訳 理想の金額
食費 34,000
住居費 60,000
光熱費 13,000
通信費 10,000
保険料 13,000
娯楽費 20,000
被服費 6,000
交際費 4,000
日用品 4,000
その他 7,000
教育費 22,000
貯蓄 27,000
合計 220,000

上記のような理想家計簿に近い生活が送れる事でしょう。

これでボルボで低燃費ドライブが可能になります!

かっこいいし、子供も安全でうれしいし、安全装備もついているし、最高ですね!

あなたも是非、早めにボルボを。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

about-VOLVOのおすすめ記事


スマボを徹底検証した記事「カーリース「スマボ」徹底検証!支払い含めデメリットが多い」も合わせてご覧ください。

ほしい車はどれ?最新SUVに興味ありの方は「【試乗記】ボルボXC40 新世代へ AWDで濃厚ボルボと決別だ」をどうぞ。

ボルボでドライブは楽しいよ!「【ドライブ】ボルボで旅行に出かけたら やっぱり最高だと思った話」も見てね!