敷居の低いディーゼル輸入車5選!2018年度版

購入情報

みなさん、輸入車ってどういうイメージですか?

・ジーンズで来店してはいけない

・日本車に比べて性能のわりに高い

・関税たっぷり

あげだしたらキリがないのですが、そんなイメージの裏に、憧れがあったりしませんか?

実は日本は輸入車の関税がかかっていないので、すべての車が同じ土俵にいるの、ご存知ですか!

「関税が0?ならば輸入車から次の愛車を選ぶぞ」というあなたに、2018年に買うことができて、さらに燃費がよくてトルクに優れる、ディーゼルエンジン搭載車に焦点をしぼって車をご紹介します。

フォーティ
フォーティ

今回はボルボ車から少し離れますよ〜

とはいっても、しっかりと1台はエントリーしますけれども!

ディーゼルで選ぶ

各社しのぎを削って開発された、クリーンディーゼルエンジンに乗りませんか!

ディーゼルエンジン車は軽油で走るのですが、熱効率がガソリンエンジンに比べて良いのが特徴で、最新のコモンレール技術とターボによって、高いトルクを発揮します。

トルクの強い車は、力が欲しいときにしっかりと出力をあげてくれるのが特徴。上り坂や人、荷物を沢山載せているときに、とても頼もしいエンジンです。

「そんなに高いトルク、扱いきれるかな?」という人は、一度ディーラーで試乗させてもらうといいでしょう。

電子制御の発達した最近のディーゼル自動車は、驚くほど扱いやすい。加速しすぎる、なんてことはないように制御されています。

デザインを選ぶ

正直にいいましょう。

車をカッコ・デザインで決めるのなら、日本車は無いと断言します。

フォーティ
フォーティ

断言しすぎではないでしょうか・・・

 

いいえ、断言します。街中で見てかっこいい和製SUV、どこにありますか!?

ボディのあちこちに出っ張りがあったり、どこかで見たような形であったり、正直日本の自動車デザイナーは分かっていない。

安っぽい出っ張りなんか、高いお金を支払う車に必要ありません!

クリーンで洗練されていて、理にかなっているデザインの車が、一番飽きずに使っていける!

輸入車を選ぶ人って、こだわりが強くて、人に負けたくなくて、主張を隠せない意識の高い人のはず。

本当に人や荷物を載せたいのでしたら、アルファードでもエルグランドでも乗っていればいいのです。

フォーティ
フォーティ

わ、わかりました。では本題に入ってください。

かっこいい素敵な輸入車は、どんな車があるかしら?

北欧エレガント ボルボV40(D4)

ビーナスラインの駐車場にとまるV40

デザインといえばボルボでしょう。

北欧インテリアだの、難しいことは言いません。大変うつくしい乗用車。エクステリアもインテリアもこだわりたいのなら、かならずディーラーへ出向くべき車です。

実力のディーゼルエンジンは、2,000ccで190ps、400Nmを発揮。この力をタイヤへ伝える、8速ATが良い仕事をするのです。

全幅1800mmのおかげで、コーナーリングの姿勢もよく同乗者に不快な思いはさせません。

V40コックピット

走りの実力もさることながら、インテリアデザインは国産車から乗り換えたら惚れてしまうの一言。シートの出来も大変よく、ロングドライブでも疲れ知らずですね。

フォーティ
フォーティ

わたしの由来です。お尻がかっこいいとよく言われます。

V40 D4 Kinetic
エンジン 2,000cc直列4気筒ディーゼルエンジン

出力190ps 最大トルク400Nm

トランスミッション 直結制御つき8速AT
3サイズ 4370 x 1800 x 1440
長所 素敵な内装とシート
価格 ¥3,690,000

スポンサーリンク

ドイツというか世界のスタンダート VW ティグアン

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

カジュアルに乗りこなせる輸入車といえば、フォルクスワーゲンでしょう。

行けばわかりますが、ディーラーはまるでカローラ店。車もびっしりと展示してあり、日本のディーラーと大差ない。いや、わざとか?

ティグアンのいいところは、SUVということ。先が見渡せるすこし高い視線、乗り込むのにちょうどいい地上高、沢山載せられる荷室。これが醍醐味です。

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

内装はあっけないほど素っ気ない。このシンプルさがたまらないなら、ティグアンは一押しですね。

そして最大の魅力は、「普通」だということ。悪いところが出っ張ったり引っ込んだりしていない。意外と難しい、普通という魅力。

フォーティ
フォーティ

車の本質がわかる人に最高!らしいです。

Tiguan TDI 4MOTION ComfortLine
エンジン 2,000cc直列4気筒ディーゼルエンジン

出力150ps 最大トルク340Nm

トランスミッション 7速DSG
3サイズ 4500 x 1840 x 1875
長所 車のすっぴんの良さとAWD
価格 ¥4,080,000

小ささに拘りたいなら MINIクーパー

出典:https://www.mini.jp/ja_JP/home.html

街中で見る、ちょっとおしゃれな3ドア。

彼女と乗るのにちょうどいい。彼氏のお迎え運転しやすい。

それがミニクーパーです。

男女どちらが乗っても似合う、無性別車としては一級品。小さいからできる柄付きステッカーは、ミニにしかできませんね。

出典:https://www.mini.jp/ja_JP/home.html

派手でおもちゃのような内装も、好きな人にはハマるはず。ただし!あなたの身につけるものも、相当なオシャレさが必要。これだけは忘れずに選んでね。

性能なんて気にしない。ファッションとして車を持ちたいのなら、ミニしかないでしょう。ちなみに、3ドア以外にも沢山のモデルがあります。ミニのホームページでチェックしてね。

フォーティ
フォーティ

とはいっても、今はBMW製。違う意味で性能は気にする必要ありませんね!

MINI Cooper D 3DOOR
エンジン 1,500cc直列3気筒ディーゼルエンジン

出力116ps 最大トルク270Nm

トランスミッション 6速AT
3サイズ 3835 x 1725 x 1430
長所 唯一無二
価格 ¥3,290,000

もう誰も追いつけない シトロエングランドC4ピカソ

出典:https://www.citroen.jp/home.html

実際のピカソの絵画は、もっと直感的でわかりやすいものなのですが、シトロエンは直感的にシトロエンだとわかるけれども、何を意味しているのかわからない、すごいデザインです。

フォーティ
フォーティ

褒めてないですよね。。。

そしてシトロエングランドは、ディーゼルで輸入車で、7シーター。しかもカジュアル!このキャラクターは唯一無二!って、ミニクーパーでも長所として唯一無二にしていましたね。。。

出典:https://www.citroen.jp/home.html

動力性能は高いトルクを生かしてはいますが、あくまで実用に徹していて高速移動を考えた車ではありません。しかし、ミニバンとは思えない燃費 18km/Lをマーク。

そして尖りまくったデザインの為、ファッションはどんなものでもOK!似合う似合わないとは違う、独特の存在感で、何者とも融合しない感じはすばらしい。

シトロエン グランド C4 ピカソ
エンジン 2,000cc直列4気筒ディーゼルエンジン

出力150ps 最大トルク370Nm

トランスミッション 6速AT
3サイズ 4605 x 1825 x 1670
長所 7シーター
価格 ¥3,800,000

伸びやかに美しいライオン プジョー308SW

https://www.peugeot.co.jp

ボルボV40とほぼ同サイズの幅ながら、背中は大きくタップリ荷物の乗るステーションワゴン。ゴルフヴァリアントというラインナップも考えたのですが、おしゃれを楽しみたい人に受けるのはプジョーだと思いました。

左右逆に回るタコメーター、視点移動の少なさを考えてデザインされたメーター類など、なかなか真面目に拘りをもつ車です。

フォーティ
フォーティ

逆向きタコメーターを意識するかしないか、ですね。

エクステリアはグラマスで、一度は載せてと誘惑されること請け合いの、魅力的なデザインですね。

出典:https://www.peugeot.co.jp

そしてライバルをしっかり意識した性能。2リッターモデルは400Nmのトルクを絞り出す。でも今回は1.6リッターを選びます。敷居を落とすには価格を落とすべし!

プジョー 308SW Allure BlueHDi
エンジン 1,600cc直列4気筒ディーゼルエンジン

出力120ps 最大トルク300Nm

トランスミッション 6速AT
3サイズ 4600 x 1805 x 1475
長所 マッチョデザイン
価格 ¥3,247,000

ディーゼルエンジンには逆風が吹く

いかがでしたか。

欧州ではディーゼルエンジンで走れない区域があり、すでにディーゼルエンジンを製造しなくなった工場は、さぞかし大変でしょうね。

今後はマイルドハイブリッドを含めて、電動化の方向になる各輸入車。ボルボも最新のXC40、V60ともにディーゼルを搭載しておらず、今乗っているV40で最後のディーゼルとなりそうです。

クリーンディーゼルに乗れる最後のチャンスかもしれません!登録諸費用もきっと無料でしょうから、すぐにディーラーへ向かいましょう!

about-VOLOVのオススメ記事

ボルボV40 山道での走りの素晴らしさを体感してきた
長野県の霧ヶ峰より諏訪へ至る、県道424号線。急勾配の多いこの道を、スポーツモードと8速ギアトロニックを駆使して駆け下ります。ボルボV40 D4の峠下りは意外と楽しい!
ボルボV40 D4 静音性能を他の車と比べてみた
人気のV40 D4に搭載のディーゼルエンジン。このエンジンの静寂性を、iPhoneのアプリを使ってチェックします。今回はバン車やディーゼルエンジン搭載バスなど、騒音の比較的大きい車と勝負します。