もし日本全国の自家用車がボルボだったら燃料は節約できる?

最近たくさん売れるようになったとはいっても、輸入車の中ではまだまだ小規模なメーカー、ボルボ。

しかしDrive-E搭載のおかげで燃費はかなり良いことは、ボルボ乗りなら誰もが知っていますよね。

この高燃費を日本全国で使ってもらったら、この国の燃料消費量は上がるのか下がるのか。

興味本位ですが、検証していきます。

スポンサーリンク

経済産業省 自動車の燃料消費量の推移

ここに面白いデータがあります。それは、日本全国での1年間の、自動車の燃料消費の統計です。毎年統計をとっていて、どれくらいガソリン、軽油が使われたかがわかります。

国土交通省 自動車燃料統計

例えば、平成29年の営業用バスの、総走行距離は43億キロ(!)。使用した軽油は13億キロリットル(!)

この総走行距離は軽油で走る営業用バスだけのもので、ガソリンで走る営業用バスは、別に集計されています。

さて、走行距離と燃料消費量がわかれば、燃費がわかりますね。せっかくなので、細かく計算してみましょう。

4,304,159,000 キロ ÷ 1,327,058,000 リットル = 3.243 km/リットル

営業用バスは リッター 3.2kmくらい走るということがわかります。

あなたのスポーツカー、これ以下ではないですよね?

ボルボの平均燃費

さすがにこれは判りません。車種ごとの燃料消費量なんて、計ることはできませんからね。

そこで、ボルボ車の燃費は次のように考えてみます。

① すべてのガソリン車はボルボV40 T3(16.5km/L)だったと仮定する。

②すべてのディーゼル車はボルボXC60 D4(16.1km/L)だったと仮定する。

③すべてのガソリンハイブリッド車はボルボ V90 T8 TwinEngine(14.4km/L)だったと仮定する。

④JC08モードに対して8かけする

計算して何か、意味があるのですか?と言われれば、意味、かなりありませんね(汗)でもやりたいから仕方ない。計算させてください!

ガソリン車は小型車から大型車まで数多くあります。ボルボV40はそこそこ車重もあり、サイズも国産乗用車より大きいのでヴィッツからアルファードまでカバーしてくれそう、なんて考えでチョイスです。

ディーゼル車は、病院の送迎用ハイエースなども含まれていそうですので、大きめなXC60をチョイスしました。

ガソリンハイブリッドは、ボルボにある中で近い車をチョイスです。こっちはプラグインハイブリッドですが。

ボルボ V40 T3 = 16.5 x 0.8 = 13.2km/L

ボルボ XC60 D4 = 16.1 x 0.8 0 = 12.88km/L

ボルボ V90 T8 TwinEngine = 14.4 x 0.8 = 11.52km/L

以上で計算してまいります。

ガソリン車をボルボに置き換えた場合

V40左サイド

では本題。

平成29年の、ガソリン自家用車の走行距離は、

258,645,528,000 キロメートルでした。(2580億)

使用したガソリンは、

24,933,857,000 リットルでした。(249億)

つまり燃費は、

10.37 キロメートル/リットル となりました。

ボルボV40 T3が13.2km/Lですので、使用する燃料を逆算するとーーー

走行距離 2580億km ÷ 13.2km/L =

19,594,358,000 リットル(195億)

で済む計算になりました。

これは 5,339,499,000 (53億)リットルの燃料節約に繋がります!(下3桁は切り捨てして計算しています。)

あー、平均燃費を1リッターあたり3km増やすと、約21%燃料消費を抑えることができるのですね。

ディーゼル車をボルボに置き換えた場合

XC60 サイド

平成29年の、ディーゼル自家用車の走行距離は、

10,521,672,000 キロメートルでした。(105億)

使用した軽油は、

1,053,413,000 リットルでした。(10.5億)

つまり燃費は、

9.98 キロメートル/リットル となりました。

あれれ、軽油の燃費、低いですね。

ボルボXC60 D4が12.88km/Lですので、使用する燃料を逆算するとーーー

走行距離 105億km ÷ 12.88km/L =

816,900,000 リットル(8.1億)

で済む計算になりました。

実に 236,513,000(2億3千万) リットルの燃料節約に繋がりました!

世間のディーゼルカーの燃費って、悪いのでしょうかね。ボルボが良すぎるのですかね〜〜

ハイブリッド車をボルボに置き換えた場合

この勢いで、ハイブリッドカーもやっつけましょう(?)!!

平成29年の、ガソリンハイブリッド車の走行距離は、

77,865,973,000 キロメートルでした。(707億)

使用したガソリンは、

4,720,081,000 リットルでした。(47億)

つまり燃費は、

16.46 キロメートル/リットル となりました。

おぉ、さすがはハイブリッド大国日本。ディーゼル車よりも多くの台数が走っています。プリウスだらけだってね〜

ボルボ V90 T8 TwinEngine が 11.52km/Lですので、

走行距離 707億km ÷ 11.52km/L =

6,759,199,000 リットル(67億)

かかる計算です。こちらは増えてしまいましたね。2,039,118,000(20億)リットル、逆に増えてしまいました。

Drive-Eの燃費の実力

エンジンスペック

さて、この一見無意味そうな計算にも、意味があります。

ひとつは、ガソリン車、ディーゼル車ともに、日本の平均燃費より高いことの実証です。

日本国内の普通車(3ナンバー、5ナンバー)すべてをV40にすれば、ガソリンで53億リットル、軽油で8.1億リットルの燃料消費が抑えられるわけです。

もうひとつは、ハイブリッドはプラグインハイブリッドとはいえ日本のお家芸には到底かなわないという事です。

本来プラグインハイブリッドは、自宅で充電できれば燃料消費が抑えられるはずです。しかしそこを加味しても、14.4km/Lという燃費はトヨタやホンダには及ばないという事がわかりますね。

すごいね日本車!

将来設定されるXC40のT5 TwinEngineや、マイルドハイブリッド仕様が出てきたときに、どのようなエネルギー消費なのか、どれほどの実力なのかがわかるでしょう。

まとめ

ちょっと息抜き気分の記事になりましたが、いかがでしたでしょうか。

こうやって計算するだけでも、自分で所持している車が日本の平均燃費の上なのか下なのか、わかるかと思います。

ちなみに日本車をフォローするならば、上の計算に軽自動車が含まれていません。軽自動車の平均燃費は14km/L。走行距離は乗用車の68%ほどの規模があり、単純に乗用車と合わせて計算すると、

434,789,250,000 キロメートルを、37,394,681,000リットルで走行、つまり、11.6km/Lとなります。

おっと、これでもV40のほうが燃費が上ですね。。。

ということで、日本全国の自家用車がすべてボルボだったら、日本の燃料消費は抑えられる!という結論に達しました!ありがとうございます!(?)

ボルボは高価な買い物ですが、環境に貢献していると思えば、納得の買い物ですね☆

お読みいただき、ありがとうございました!

about-VOLVOのオススメ

ところで、燃料代を気にする方は、お家の電気代なども気にするはず。

ご興味あれば、下記サイトで詳しく紹介していますが、今後は石油卸売メーカーが家の電気までまかなう時代になっていくのでしょうね。

セレクトラ 昭和シェルの選べる電気

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
200以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。

CTR IMG